新星の追い上げも及ばずトップ2は昨年と同じ

トリシティ125とPCXという、125㏄スクーターの2大人気モデルによる1-2体制は昨年のまま。ヤマハ独自のLMW機構による3輪レイアウトを採用したトリシティならではの抜群の安定感
と二輪車的な軽快な走りの両立か、スタイリング、経済性、動力性能、快適性を絶妙にバランスさせ、さらにコストパフォーマンスの良さを誇るPCXか。この争いは今後もしばらく続きそうだ。 

画像: YAMAHA TRICITY125/ABS 最高出力:11PS/9000rpm 最大トルク:1.0kg-m/5500rpm 価格:35万6400円(ABSは39万9600円)

YAMAHA TRICITY125/ABS
最高出力:11PS/9000rpm
最大トルク:1.0kg-m/5500rpm
価格:35万6400円(ABSは39万9600円)

画像1: 新星の追い上げも及ばずトップ2は昨年と同じ
画像2: 新星の追い上げも及ばずトップ2は昨年と同じ
画像3: 新星の追い上げも及ばずトップ2は昨年と同じ
画像4: 新星の追い上げも及ばずトップ2は昨年と同じ

投票者VOICE!
・将来的にこのクラスは三輪車が主流になるのでは?
・前二輪はどんな感じが乗ってみたい。
・独特の乗り心地に惚れました。
・LMWは一度乗ってみたい。
・楽チンそう、面白そう。街中で目立つこと間違いなし。
・PCXの対抗馬になれるか興味がある。
・原付二種スクーターなのに、所有感を満たしてくれる。
・3輪は野暮ったいイメージが強かったが、トリシティが一変させてくれた。
・前2輪のブレーキングと、操作フィーリングを試したい。

↓ミニスクーター&ビジネスクラスの順位は?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.