今回からアメリカンカテゴリーになったVMAXが堂々1位。

ロー&ロングな大型クルーザーがランキングの中心となる「アメリカンclass」だが、今年最も人気を集めたのは、今回から「アメリカンclass」にノミネートされた個性派クルーザーのVMAX。そして2 位、3 位には同じくヤマハのBOLTシリーズがランクイン!

画像1: 今回からアメリカンカテゴリーになったVMAXが堂々1位。
画像: YAMAHA VMAX 最高出力:151PS/7500rpm 最大トルク:15.1kg-m/6000rpm 価格:237万6000円

YAMAHA VMAX
最高出力:151PS/7500rpm
最大トルク:15.1kg-m/6000rpm
価格:237万6000円

昨年のアメリカンクラスでは、2位のVT1300CXに大差を付けてボルトがトップを獲得していた。しかし、今年はアメリカンクラスへのノミネート車両が見直されたことで、大きくその様子が様変わりしたのである。そう、昨年までは国内ビッグロードスポーツに分類されていたVMAXが、今年からアメリカンクラスに加えられたのだ。そして投票の結果は、安定した人気をキープしていたボルト/Rスペックを追い落としてVMAXがトップを獲得! ボルトに関しては、今年そのラインアップに新たに加わったカフェレーサーバージョンのボルトCスペックが、スタンダードモデルに僅差で続く3位になったということもあって、票が分散してしまったという見方もできる。しかしそれ以上に、圧倒的な存在感と動力性能という唯一無二の魅力を備えたVMAXが、幅広い層からの人気を集めたというべきなのだろう。

画像2: 今回からアメリカンカテゴリーになったVMAXが堂々1位。
画像3: 今回からアメリカンカテゴリーになったVMAXが堂々1位。
画像4: 今回からアメリカンカテゴリーになったVMAXが堂々1位。

投票者VOICE!
・国産アメリカンの中では異色な唯一無二な存在だから。
・あのエンジンのカッコよさ。
・怒涛のマッスル感。
・いつか一度は乗ってみたい。
・アメリカンというか、VMAXという完全に新しいジャンル。
・青春の頃の憧れ。

 他のランキングはコチラ↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.