バイクにぴったりの季節で記録も狙える好条件。
愛車で富士の国際レーシングコースにチャレンジしよう!

画像: バイクにぴったりの季節で記録も狙える好条件。 愛車で富士の国際レーシングコースにチャレンジしよう!

皆様、大変大変お待たせいたしました!
おかげさまで大好評のミニバイク最高速チャレンジイベント、
2016年度 MAX ZONE mini・10月19日(水)開催 の
最終戦のエントリー受付を開始いたします!

舞台となるのは富士スピードウェイの国際レーシングコース。
GT選手権やF1も開催されている名門コースです。
普段は125cc以下のマシンは走ることができないので、
ココを走れるだけでも大チャンス!
しかも、気候の安定した時期での開催なので、
最高速の記録も出やすくなっています!

マシンの排気量・改造内容に合わせた全7クラスを設定!
基本的に原付二種ベースなら参加OK!

画像: マシンの排気量・改造内容に合わせた全7クラスを設定! 基本的に原付二種ベースなら参加OK!

クラス分けは全部で7クラス。
2016年度からは、新たに「JP250」クラスも新設しています。
MFJが企画しているJP250クラスにちなんだクラスで、
250ccのシングル、またはツインのスポーツバイク
(CBR250R、ニンジャ250/SL、YZF-R25、
GSR250、そしてKTMのRC250/250DUKEなど)が対象です。

もちろん、従来通り、4ミニA/B、2ストA/B、スクーター、
そしてオープンクラスも継続!
自慢の愛車で富士の国際レーシングコースを
思いっきり走れるチャンスです!

クラス分けの詳細は以下の通りです。

JP250クラス

●排気量201cc~250ccの市販スポーツ車
●エンジン型式は単気筒、または2気筒まで
●単気筒車はMFJ公認部品を使用して300ccまで
排気量アップ可能

4miniA/Bクラス

●A:排気量100cc未満の4ストエンジン搭載車
●B:排気量100cc~150ccの4ストエンジン搭載車

2ストロークA/Bクラス

●A:排気量80ccまでの公道向け2ストエンジン搭載車
●B:レーサー/モトクロッサー用エンジン搭載車、
排気量81~150ccまでの2ストエンジン搭載車

スクータークラス

●原付2種までのスクーターがベース、改造無制限

オープンクラス

●原付2種までのマシンがベース
●排気量151cc以上、改造無制限

エントリーはメールまたはFAXでカンタン。
エントリー料はなんと5000円!

画像: エントリーはメールまたはFAXでカンタン。 エントリー料はなんと5000円!

MAX ZONE miniのエントリーはカンタン。
下記リンクから申込書をダウンロード、必要事項を記入の上、
申込書をメールかFAXで送るだけ。ちなみに参加資格は
当該車両の運転免許保持者で、サーキット走行に必要な装備
(フルフェイスヘルメット、革ツナギ、グローブ、ブーツ)所持者であること。

エントリー料はなんと5000円!
(他に保険料1名につき800円、FSW入場料1000円が必要)
この夏は愛車で富士の本コースを満喫しちゃいましょう!

エントリー申込書はこちらからダウンロードして下さい。
「参加申込書」をダウンロード

申し込み締め切りは10月14日(金)。
たくさんのエントリー、お待ちしてます!
(写真:島村栄二、本誌写真部)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.