中須賀克行 選手など、6名がエントリー!

鈴鹿8耐が終わって、もてぎ2&4はあったものの、ちょっと間隔が空いちゃう全日本ロードレース。このあと、9月最終週に岡山大会がありますけど、10月には開催ナシ! この数年、こんなに気象条件がいい月になんで開催ないの?とは言ってきたんですが、そのかわりコレがあります。そう、10月16日に決勝を迎える「MOTUL」日本GPです!

その日本GPにワイルドカードで参戦するライダーが発表になりました。ワイルドカードっていうのは、開催国ごとに与えられている「1戦のみの特別参戦」のことで、その国のナショナル選手権のランキング上位者や、DORNAへの申請が認められたライダーが出られるもので、91年の上田昇さん、そして2011年の中上貴晶ほか、ワイルドカードからフル参戦のチャンスをつかんだライダーはたくさんいます。94年のノリックなんかも、鈴鹿の日本GPへのワイルドカードでの走りが認められて、GP500クラスのヤマハファクトリー入りを決めましたしね。

画像: 長年悩まされてきたケガもなく、好調をキープしている関口太郎。若手にはない「経験」で世界再挑戦!

長年悩まされてきたケガもなく、好調をキープしている関口太郎。若手にはない「経験」で世界再挑戦!

そして、2016年の日本GPへのワイルドカード(現所属チーム)は以下の通り。
■MotoGPクラス
 中須賀克行  ヤマハファクトリーレーシング
■Moto2クラス
 浦本修充   チームカガヤマ
 関口太郎   ミストレーサwithハルクプロ
 長島哲太   AJOモータースポーツ(※スペイン選手権)
■Moto3クラス
 佐藤 励    41Plannning
 岡崎静夏   UQ&テルル・コハラRT

ここからチャンスをつかむライダーの中で、Moto2クラスには、今シーズン何度も優勝目前のレースを続けている、全日本J-GP2クラスの関口太郎もエントリーが認められています。たくさんのファン(とかぼくらメディアのみんなとか・笑)に絶大な人気を誇るタローは、今年40歳の大ベテラン。タローがGPに出るのは、カンペテッラレーシングからGPにフル参戦していた2007年以来。あの時はまだ、GP250クラスだったもんね。20歳代のライダーばかりのなかで、久々のGPでタローがどんなレースを見せてくれるか、注目したいです。ちなみに日本GPへは「TeamTARO PLUSONE」からのエントリーとなるそうです。

画像: 浦本、生形に続く優勝を狙う、J-GP2ランキング2位のタロー 久々のGP、感慨深いです^^

浦本、生形に続く優勝を狙う、J-GP2ランキング2位のタロー 久々のGP、感慨深いです^^

GP行きたいな、ワクワクするなぁ、っていうファンの皆さん、こういうワイルドカードのライダーを全開集中応援するためにもてぎへ!っていう楽しみ方もありますからね^^
 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.