エンデュランス製は税込み37万2600円(別途車両配送料)!

納車したてのグロム(レースベース車)がこちら。購入店であるエンデュランスのレースパーツが装備され、7月から各サーキットで開催されている「HRC GROM CUP」のレギュレーションに合わせた仕様になっている。ほぼこのままの状態で同レースに参戦が可能だ。ちなみにエンデュランスでの価格は37万2600円(税込・別途車両配送料)となっている。OEMのタイヤは2種類あるが、納車になった車両はIRC製を装着している。

画像1: エンデュランス製は税込み37万2600円(別途車両配送料)!
画像2: エンデュランス製は税込み37万2600円(別途車両配送料)!
画像3: エンデュランス製は税込み37万2600円(別途車両配送料)!
画像4: エンデュランス製は税込み37万2600円(別途車両配送料)!

フロントナンバープレート、アンダーカウル、テールカウルなど、レース仕様のパーツに関してはFRP製白ゲル仕上げとなっている。また、シートは市販車のタンデムを想定した形状なので、今後はフラットに加工する予定。また、ハンドルやメーター、足まわりに関しても、公道用と同じ仕様だ。

画像: レース専用の「フロントナンバープレート」が装着され、精悍さを増したグロム。フロントフォークはオイルも含め、市販車と同様の仕様となっている。

レース専用の「フロントナンバープレート」が装着され、精悍さを増したグロム。フロントフォークはオイルも含め、市販車と同様の仕様となっている。

画像: ライト類が取り外され、シャープな印象になっているリアビュー。サイドスタンドの取り外しはミニバイク界の常識らしいが、それは今後の課題ということで。

ライト類が取り外され、シャープな印象になっているリアビュー。サイドスタンドの取り外しはミニバイク界の常識らしいが、それは今後の課題ということで。

重低音を生み出すサイレンサー

画像: エンデュランス製『レーシングスリップオンマフラー』は『HRC GROM CUP』 レギュレーションに対応。単品での販売はHRC製エキパイとのセットで3万2400円。

エンデュランス製『レーシングスリップオンマフラー』は『HRC GROM CUP』 レギュレーションに対応。単品での販売はHRC製エキパイとのセットで3万2400円。

 

バンク角拡大に貢献!

画像: 販売店によって異なるのがバックステップ。写真のエンデュランス製は逆チェンジにも対応する「6ポジション仕様」となっている。単品価格は3万7800円。

販売店によって異なるのがバックステップ。写真のエンデュランス製は逆チェンジにも対応する「6ポジション仕様」となっている。単品価格は3万7800円。

 

結局便利な純正メーター!

画像: 市販車と同様のメーター。オド/トリップメーターを始め、走行距離や燃料計、時計まで装備されているので、耐久イベントのときは重宝しそうだ。

市販車と同様のメーター。オド/トリップメーターを始め、走行距離や燃料計、時計まで装備されているので、耐久イベントのときは重宝しそうだ。

 

シート取り外しに使用!

画像: シート取り外し用のキーシリンダーは装備されていない。テールカウルの内側に見えるワイヤーを引っ張ることで、シートが取り外せるようになっている。

シート取り外し用のキーシリンダーは装備されていない。テールカウルの内側に見えるワイヤーを引っ張ることで、シートが取り外せるようになっている。

 

画像: 車両には専用のセットアップマニュアルと、パーツリストが付属する。

車両には専用のセットアップマニュアルと、パーツリストが付属する。

画像: おまけですが、こちらはエンデュランスから出荷されていくグロム(レースベース車)の様子。今頃は、全国各地のコースで、元気に走っているんでしょうね。きっと。

おまけですが、こちらはエンデュランスから出荷されていくグロム(レースベース車)の様子。今頃は、全国各地のコースで、元気に走っているんでしょうね。きっと。

 

画像: シート取り外しに使用!

(写真/島村栄二)

 

いよいよ走行開始! 「ミニバイク部の遅くて悪いか!」は、現在もオートバイ誌で連載中!

オートバイ 2016年9月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2016-08-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.