ゆるっと乗ってみました

朱香(しゅか)です。
モデルとして活動中の女子バイク部員です。
スポーツバイクはルックスが好きで、ずっと憧れているけれど、何となく遠い存在…
今回、取材の流れでCBR400Rに乗る機会をいただいたので、ゆるっと感想をまとめさせていただきます!

画像: ゆるっと乗ってみました

「軽すぎず重すぎず」がちょうどイイ!

普段乗っているのがXR250や、父のゼファー750なもので、フルカウルのスポーティなバイクで中・長距離を走るのは今回が初めてだったのですが、ちょっと前傾でツラいかな??という先入観に反して、ポジションにゆとりがあって長く乗っても疲れませんでした◎

加速で恐怖を感じることもありませんでしたけど、高速道路で走っていても過不足ない感じで程良く、もっと乗っていたいくらいでした。
(前傾で乗るのに慣れていなくて、カウルの恩恵を感じそびれちゃったのが心残りです。慣れたら高速でももっと快適に走れそう!)
スタイリッシュでカッコ良いのに疲れにくいって得した気分です。あと、曲がりやすいところも魅力的でした! 詳しいことはわかりませんが、自然体で走りやすかったです。
ボディサイズはスポーツバイクの中ではコンパクトな部類に入るのかな? でも、跨った時のボリューム感はしっかりあるし、軽すぎず重すぎず、「スムーズに」取り回しできそうな、ちょうど良さを感じました。

そのちょうど良さは、駐車するときや、渋滞にハマったときなどなど、ちょっとしたときに絶大な安心感をもたらしてくれました。そんな部分も含めて、スポーツバイク慣れしていない自分のようなライダーにとっても、気軽に乗れる1台でした。

画像1: 「軽すぎず重すぎず」がちょうどイイ!
画像2: 「軽すぎず重すぎず」がちょうどイイ!
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.