画像: <鈴鹿8耐>ファンタスティック・ポルポール獲る!

トップタイムはヤマハファクトリーレーシング!

鈴鹿4耐の余韻も冷めやらない中、きょうのメインイベント「トップ10トライアル」が終わりました。トップタイムはヤマハファクトリーレーシングのポル・エスパルガロ!タイムは2分06秒258で、これは去年の大会でヤマハファクトリーレーシングのポル・エスパルガロがマークした2分06秒000よりも遅いんだけど、タイムを06秒台に入れた津田拓也(ヨシムラスズキ)、レオン・ハスラム(チームグリーン)、そしてチームメイトの中須賀克行というの3人のなかで、マシンも暴れないし失敗もないし、2年連続のスーパータイムでした!

ちなみにJSBマシンでは、中須賀が2分05秒192をマークしていますが、これは気温も低い秋口のMFJグランプリでのタイムなので、参考にならないすね。

セッションの中盤までは、TSRホンダのパトリック・ジェイコブセンの2分07秒218をなかなか更新しなくて、あれれ、あれれ…と思ったんですが、そこを突破したのがやっぱりポル!

続いて、津田とハスラムが06秒台に入れ、最後の最後に出走した中須賀にタイム更新の期待がかかったんですが、さしもの中須賀も届かず、終わりました。デグナーの2個目で大きくリアを滑らせましたけど、あれがなかったら…届いていたかもしれないなぁ! 惜しい!

2着はヨシムラスズキ、3着はチームグリーン。これで明日のスターティンググリッドは、1~10番手グリッドまで、以下のようになります。

1:ヤマハファクトリーレーシング
2:ヨシムラスズキ
3:チームグリーン
4:TSRホンダ
5:ハルクプロホンダ
6:チームカガヤマ
7:YARTヤマハEWC
8:TOHOレーシング
9:モトマップサプライ
10:ドッグファイトレーシング

いつも、8耐のときに鈴鹿入りすると、決勝まで長いなぁ……って思うんですが、これもいつものごとく、アッというまに決勝を迎えます。さぁ雨降るなよ、さぁデカい転倒とかないように、参加した全員が無事に終わりますように!

最新情報は(↓)コチラから!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.