「8耐直前スペシャル」ということで
主要メンバーが本音トークを披露

画像: 吉村社長、加藤監督、津田選手、そして芳賀選手の4人がトークショーを展開。 思わぬ本音も飛び出る内容に、会場に詰めかけたファンも湧いておりました。

吉村社長、加藤監督、津田選手、そして芳賀選手の4人がトークショーを展開。
思わぬ本音も飛び出る内容に、会場に詰めかけたファンも湧いておりました。

7月2日土曜日、新東名高速道路のNEOPASA清水にて、
ヨシムラの「ツーリングブレイクタイム」が開催されました。
通常はヨシムラ本社で開催されているこのイベントですが、
8耐間近のこの時期は「8耐直前スペシャル」と銘打って
このNEOPASA清水で開催されているのですが、
50回目の節目ということもあってか、会場は朝からすごい人。
会場限定のグッズは当日分がすぐ売り切れ、サイン会の整理券が
瞬時になくなるなど、かなりのにぎわいを見せておりました。

そんな「ツーリングブレイクタイム」、目玉はやはり
レーシングチームのトークショー。吉村不二雄社長、加藤陽平監督、
津田拓也選手、そして最近第3ライダーに決まり、話題となっている
芳賀紀行選手の4人が繰り広げるトークに、炎天下にもかかわらず
会場に詰めかけたヨシムラファンは熱中していました。

「ヨシムラに乗るなんて思ってもいなかった」
芳賀紀行選手、起用のいきさつが明らかに!

画像: 誰もが驚いた「ウルトラC」、芳賀紀行選手の起用。当日はそのあたりのいきさつから 1996年にコーリン・エドワーズと8耐を制した際の賞金の内訳まで、 会場でしか聞けない裏話がテンコ盛りでした。

誰もが驚いた「ウルトラC」、芳賀紀行選手の起用。当日はそのあたりのいきさつから
1996年にコーリン・エドワーズと8耐を制した際の賞金の内訳まで、
会場でしか聞けない裏話がテンコ盛りでした。

やはりみんなが知りたいのは、突如第3ライダーに決まった
芳賀紀行選手の起用について。昨年11月に吉村社長がミラノにある
芳賀選手のレストランに食事に行ったんだそうですが、そのときは
レースの話、ましてや8耐のライダーに、なんて話はなかったとか。

事態が急展開したのは最近で、芳賀選手を推薦したのは実は加藤監督。
「予定していたライダーが1人キャンセルになって、2人体制で行くか、
と考えていたときにパッと浮かんだ」のだそう。
「当然、速さにも期待しているし、実績も一番」と期待を寄せていました。

当の芳賀選手にとってもこの「人事」は全くの予想外だったようで、
「マルケスのバイクに乗るようなもの。ヨシムラに乗るなんて
思ってもいなかったし、ないだろうなと思っていた」そう。
2013年から昨年までの3年間、チームカガヤマでGSX-Rに乗っているが
「3年前に初めて乗ったときは『コレ本当に8耐車?』と
思わず聞いてしまうほどパワフルだった。3年乗って、スズキ車の性能は
ある程度わかっている。ヨシムラのマシンはこれから初めて乗るけれど、
どう変わっているのか楽しみ」と、こちらも期待を寄せていました。

ノントラブル、無転倒なら勝てる!
7年ぶりの優勝に向け準備は万端

画像1: ノントラブル、無転倒なら勝てる! 7年ぶりの優勝に向け準備は万端

全日本ロードレース選手権をヨシムラで闘う、エースライダーの
津田拓也選手は「全日本ロードレースが家族の集まりだとしたら、
8耐は言ってみれば親戚全員が集まるお正月のようなもの。特別な気分です」
と独特のたとえで8耐の「特別感」を表現。タイムについては
「全日本での鈴鹿のベストが2分6秒1、8耐だと2分6秒5。目標は…
5秒台にかすればいいかな、ということで2分5秒999で」と、
周囲からの5秒台を期待する声に応えていました。

この記事がアップされる今頃は、鈴鹿で合同事前テストの
真っ最中。芳賀選手もヨシムラのマシンに初ライド中でしょう。
「ノントラブル、無転倒なら勝てる」との加藤監督も頼もしいコメントを
信じて、2009年以来の優勝に期待しようじゃないですか!

画像2: ノントラブル、無転倒なら勝てる! 7年ぶりの優勝に向け準備は万端

写真:森 浩輔

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.