スタイリングが、よりアグレッシブに進化!

グロムが国内で発売されたのは2013年6月。ちょうど今から3年前になる。「ジャストサイズ&魅せるスペック」をコンセプトに、世界中の「イマドキの若者達」に遊び心にあふれた刺激的なミニバイクとして登場し、世界中で30万台以上販売したヒットモデルとなった。

そして新型。現行のグロムと比べて大きく違うのはスタイリング。ボリューム感に躍動感を加えた遊び心溢れるデザインだったものから、シャープなラインを多用した最近のネイキッドデザインへと進化した。個性的なヘッドライトに加え「イマドキなバイク」へのデザインシフトを果たしているのが注目のポイント。

新グロムの発売日は2016年6月9日(木)、価格は従来モデルから約1万円アップとなり、34万5600円(税込)となっている。ちなみに、現在ホンダではグロムを含めた原付二種モデルを対象に、「1.9%低金利キャンペーン」を実施中。ローンでの購入なら、いまが買い時かも。

画像: HONDA グロム ■価格:34万5600円(税込み) ■発売日:2016年6月9日

HONDA グロム 
■価格:34万5600円(税込み) ■発売日:2016年6月9日

こちらは従来モデルのグロム。

カラーバリエーション

画像: GROM(レモンアイスイエロー)

GROM(レモンアイスイエロー)

画像: GROM(パールバレンタインレッド)

GROM(パールバレンタインレッド)

画像: GROM(パールヒマラヤズホワイト)

GROM(パールヒマラヤズホワイト)

画像: 従来モデルのグロム。新型と比較すると、丸みを帯びたファニーな印象。

従来モデルのグロム。新型と比較すると、丸みを帯びたファニーな印象。

125ccスポーツモデル「グロム」の外観を一新し発売
 
Hondaは、個性的で躍動感あふれるスタイリングの125ccスポーツモデル「グロム」の外観を一新し、6月9日(木)に発売します。

グロムは、2013年6月に発売して以来、コンパクトで扱いやすい車体サイズと、倒立タイプのフロントサスペンションや前・後輪ディスクブレーキなどの大型スポーツモデルを彷彿させる本格的な装備などにより、トレンドに敏感な若者をはじめ、大型二輪ユーザーのセカンドバイクとしても支持されている原付二種モデルです。

今回、コンパクトでありながらボリューム感と躍動感を強調したグロムのスタイリングを、よりアグレッシブで力強い外観に一新。先進性と高質感を演出する新設計のLEDヘッドライトを採用し、個性的なフロントフェイスをより際立たせるとともに、ボディー形状はエッジを効かせたデザインに変更することで精悍なイメージを高めています。また、ヒンジ式のタンクキャップを新たに採用することで給油時の利便性を高めたほか、イグニッションキーのブレード部を持ち手に収納可能としたフォールディング機能付き「リトラクタブルキー」をHondaの二輪車で初めて採用するなど、遊び心にあふれたモデルとしています。

車体色は鮮やかなパールバレンタインレッド、スポーティーなイメージのレモンアイスイエロー、爽やかなパールヒマラヤズホワイトの3種類を設定しています。

主要諸元
全長×全幅×全高 1755×730×1000㎜
ホイールベース 1200㎜
シート高 760mm
車両重量 104㎏
エンジン形式 空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 124.9㏄
ボア×ストローク 52.4×57.9㎜
圧縮比 9.3
最高出力 9.8PS/7000rpm
最大トルク 1.1㎏-m/5250rpm
燃料供給方式 PGM-FI
燃料タンク容量 5.7ℓ
キャスター角 25度
トレール 81㎜
変速機形式 4速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ220㎜ディスク・φ190㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70-12・130/70-12

■問い合わせ先
お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)
 
 

※ ↓ コチラはヨーロッパ仕様のムービーです!

画像: Honda MSX125 youtu.be

Honda MSX125

youtu.be

 

輸出仕様(MSX125)&ボアアップカスタム150の試乗レポートは、現在発売中のオートバイ7月号にも掲載中!

オートバイ 2016年7月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2016-06-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.