今週末はMotoGP第7戦、カタルニアGP。この木曜からレースウィークがスタートし、木曜はパドックで主要ライダーの記者会見なんかが行われるんですが、ここへきてライダーの移籍、2017年のチーム編成がだんだん明らかになってきました。
2016年は、FF(=ファンタスティック・フォー、つまりロレンソ、ロッシ、マルケス、ペドロサのことです)の現行契約が切れ、ここを発火点にスズキの2人、ドウカティの2人にまで影響が及ぶという、数年に一度の大移動のシーズンとなりそうですね。
まず口火を切ったのが、ホルヘ・ロレンソ。ロレンソは、この数年ずっと噂されていたドゥカティへの移籍を決断し、それに先んじてバレンティーノ・ロッシがヤマハ残留(2017-18年の2年契約)を発表しました。となるとロッシの相方が空くわけで、ここに躍進目覚ましいスズキから、マーベリック・ビニャーレスが収まりました。これも、ロレンソのドゥカティ移籍に次ぐビッグサプライズ! ポテンシャルをぐんぐん上げているスズキからは、まだ最低1年は離れないんじゃないか、という見方もありましたが、さすがプロですね。本人の決定はもちろん、GPの世界ではマネージャーの存在も欠かせませんから、本人とマネージャーが、ライダーにとって最良の選択をするわけです。

画像: ドゥカティ移籍を発表して、レースも勝って……。ワールドチャンピオンが置き土産なんてカッコよすぎる

ドゥカティ移籍を発表して、レースも勝って……。ワールドチャンピオンが置き土産なんてカッコよすぎる 

画像: GPの宝と言われるビニャーレス。シーズン中にスズキで初優勝を達成して行ってほしいねぇ!

GPの宝と言われるビニャーレス。シーズン中にスズキで初優勝を達成して行ってほしいねぇ!

ビニャーレスの後釜には、ロレンソ加入によって押し出された形のアンドレア・イアンノーネが収まりました。イアンノーネは、チームメイトのアンドレア・ドビツィオーゾのどちらが押し出されるか――と注目が集まっていましたが、ドゥカティは若くて勢いと野心のあるイアンノーネよりも、ロレンソという新エースを強力にサポートできる、開発能力に長けたといわれるドビツィオーゾを取った形になりました。
FFの二人を擁するホンダは、まずダニ・ペドロサが残留。これも少し意外でした。ペドロサはホンダファクトリーチームに在籍して10年、一度もチャンピオンになっていない「シルバコレクター」。毎年のように「ホンダはいよいよペドロサを見限るんじゃないか」と言われてきた中、今年でとうとうかも……と読んだ人が多かったわけです。
ホンダのもうひとり、絶対無二のエース、マルク・マルケスも、当然のようにホンダ残留。正式発表はまだですが、ここはもう動く理由がありませんね。ホンダもレプソルも手放しませんしね。
これでおさらいしましょう。2016年のファクトリーチーム編成は下記のとおりです。

■ヤマハ   バレンティーノ・ロッシ
       マーベリック・ビニャーレス
■ホンダ   マルク・マルケス
       ダニ・ペドロサ
■ドゥカティ アンドレア・ドビツィオーゾ
       ホルヘ・ロレンソ
■スズキ   アレイシ・エスパルガロ
       アンドレア・イアンノーネ

画像: 世界一不幸な男ドビツィオーゾと、野心の塊イアンノーネ。ふたりのアンドレアの道は分かれました

世界一不幸な男ドビツィオーゾと、野心の塊イアンノーネ。ふたりのアンドレアの道は分かれました

ここは、ファクトリーライダー間のシャッフルで、新しくファクトリーに、というメンツはありませんでした。しかし、この先が2017年のビッグニュースのひとつ。Moto3クラスで猛威を振るうKTMがファクトリーチームを組織してMotoGPに参入します。
そこでKTMは、ヤマハのサテライトチームであるテック3からブラッドリ・スミスを獲得。最新情報では、スミスの相方であるポル・エスパルガロもテック3離脱を発表しましたから、エスパルガロもKTM入り、という見方が強いですね。KTMとしては、FF獲得がムリなら、それに準ずるライダーを獲得したいわけで、その条件に合いそうなライダーといえば、テック3のふたり、カル・クラッチローやステファン・ブラドル、スコット・レディング、ユージン・ラバティといったところでしょうか。
なんにせよKTMの参入で席がふたつ増えるわけで、他クラスから最低ふたり、新しくMotoGPクラスにやってくる、というわけです。それが、スズキとテスト契約を交わしたといわれるヨハン・ザルコなのか、アレックス・リンスなのか、はたまたタカ中上なのか。この辺はもう少しあとまで、興味を引っ張れそうですね。
しかし、5月にトップチームの陣容が固まるなんて……。移籍話あれこれを、ウィンターシーズンにちなんで「ストーブリーグ」と呼ぶことがありますが(日本だけなんかな?)、大物の移籍話、早すぎませんかねぇ。ホルヘやマーベリックのチームクルーは、どんな気持ちで残りのシーズンを戦うんでしょうね……。
ともあれ、GPはいよいよ中盤、名勝負の宝庫、カタルニアです。ロレンソが逃げるか、マルケスがひっくり返すか、ロッシが復活するか――!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.