中上選手が今季初のフロントロー獲得!

現在開催中のイタリアGPですが、公式予選でMoto2クラスは中上貴晶選手( IDEMITSU Honda Team Asia)が今季初となるフロントロー2番グリッドを獲得。Moto3クラスではカイルール・イダム・パウイ選手(Honda Team Asia)が3番グリッドを獲得するなど、好調のようです。両チームの監督を務める岡田忠之 氏も、かなり手応えを感じている模様。決勝レースはMoto2クラスが午後7時20分、Moto3クラスが日本時間午後6時スタートの予定となっています。

画像: #30 中上貴晶 選手

#30 中上貴晶 選手

画像: ■中上貴晶(2番グリッド) 「100分の4秒差でポールポジションを逃したが、今回のレースウィークは一貫して高い水準で走れているのでフロントローを獲得できてよかった。ここまで順調に積み上げてきた走りを明日の結果につなげなければならないし、それをできる自信もある。アベレージタイムも安定しているので、明日は最後までしっかりと走りきって最低でも表彰台で終えたい」

■中上貴晶(2番グリッド)
「100分の4秒差でポールポジションを逃したが、今回のレースウィークは一貫して高い水準で走れているのでフロントローを獲得できてよかった。ここまで順調に積み上げてきた走りを明日の結果につなげなければならないし、それをできる自信もある。アベレージタイムも安定しているので、明日は最後までしっかりと走りきって最低でも表彰台で終えたい」

■岡田忠之-チーム監督
「今日のコースコンディションは気温とともに路面温度が上がり、タイヤに厳しいセッションとなった。中上は今年初めてのフロントローを取れて良かった。あとは明日、しっかりと結果を残してほしい。ラタパーは予選序盤に後方から他選手に接触され、転倒してしまったのが残念だが、自己ベストタイムを更新している。明日のレースも、可能な限り前を目指してがんばってほしい」

そして、Moto3クラスは今シーズンすでに1勝を挙げているチームアジアのパウイ選手が3番グリッド、尾野選手が11番グリッドを獲得しています。世界グランプリルーキーのパウイ選手は、ここまで調子どうこうより、コースとの相性が結果に直結しているようですから…今回は決勝が楽しみです!

画像: #89 カイルール・イダム・パウイ 選手

#89 カイルール・イダム・パウイ 選手

画像: ■カイルール・イダム・パウイ(3番手) 「決勝レースに向けてフロントローを獲得できてとてもよかった。チームが頑張ってくれたおかげで、昨日抱えていた問題は完璧に解決し、今日は良いフィーリングで走ることができた。明日は最後までしっかりトップグループについてゆき、全力で良いレースをするつもりだ」

■カイルール・イダム・パウイ(3番手)
「決勝レースに向けてフロントローを獲得できてとてもよかった。チームが頑張ってくれたおかげで、昨日抱えていた問題は完璧に解決し、今日は良いフィーリングで走ることができた。明日は最後までしっかりトップグループについてゆき、全力で良いレースをするつもりだ」

画像: ■尾野弘樹(11番手) 「できれば二列目までに入りたかったので少し残念だが、セットアップは昨日からさらに良くなっている。アベレージタイムも安定しているので、決勝に向けて良い手応えを掴んでいる。自分が思っていたよりもやや後方グリッドなので、明日はスタートを決めて、序盤周回からトップグループについていきたい」

■尾野弘樹(11番手)
「できれば二列目までに入りたかったので少し残念だが、セットアップは昨日からさらに良くなっている。アベレージタイムも安定しているので、決勝に向けて良い手応えを掴んでいる。自分が思っていたよりもやや後方グリッドなので、明日はスタートを決めて、序盤周回からトップグループについていきたい」

■岡田忠之-チーム監督
「パウイも尾野も、充実した内容でここまでのセッションを進めてきた。明日のレースでは、ふたりともきっと力強いレースをしてくれるはずだ。明日は、後半までしっかりとペースを維持できるかどうかが勝負のカギを握るだろう。レース後半に向けたセットアップをチームで確認し、両選手に良いレースをしてもらいたい」

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.