「MT-09」シリーズのエキパイなどに採用!

今月末からドイツで開催される「O&S 国際表面処理&コーティング専門見本市」で、ヤマハが独自の表面処理技術「SixONy(シクソニィ)」の技術展示を行ないます。何やら、「MT-09」シリーズのエキパイなどに使われている技術だそうで、耐熱性、耐食性などが優れているほか、多彩な発色もするそうです!

画像: 『SixONy』ナノ膜コーティング技術による他社製市販カクテルシェーカー

『SixONy』ナノ膜コーティング技術による他社製市販カクテルシェーカー

画像: 『SixONy』ナノ膜コーティング技術によるエキゾーストパイプ採用の「MT-09 TRACER」

『SixONy』ナノ膜コーティング技術によるエキゾーストパイプ採用の「MT-09 TRACER」

ドイツで開かれる表面処理&コーティング専門見本市に出展
ナノ膜コーティング技術「SixONy」について
 
ヤマハ発動機株式会社は5 月31 日から6 月2 日までの3 日間、ドイツのシュツットガルトで開催される「O&S 国際表面処理&コーティング専門見本市」(主催:ドイツメッセ株式会社)において、当社独自の表面処理技術「SixONy」の技術展示を行います。

「SixONy」は、ヤマハ独自の技術で、厚さ数十ナノメートルの膜(Nano-Film)で構成される、アモルファス構造の酸窒化ケイ素(SiOxNy)セラミックス膜に由来する造語です。700℃までの耐熱性、優れた耐食性、酸素・水分・塩素等に対する優れたバリア効果、金/青/桃/紫等多彩な発色、耐熱性の高い無色透明・絶縁膜などが特徴です。

既に当社のスポーツバイク「MT-09」シリーズのエキゾーストパイプや、他社製カクテルシェーカー等に採用されています。今回の出展では、技術と実例を紹介し、多分野への汎用性・発展性をアピールします。

本見本市には、欧米を中心に世界30 ヵ国以上から300 以上の団体と法人が参加、金属やプラスチック、ガラスへの表面処理技術や塗装、プラズマベース表面処理などの最新技術が紹介されます。その多くは自動車から日用品まで、多くの工業製品に適用できる可能性を備えることから、製造業関係者に加え、商品企画に携わる多くの技術者から注目されています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.