5月9日に台湾の複合商業施設「SUZUKA CIRCUIT PARK」がオープンしました。このSUZUKA CIRCUIT PARK」は鈴鹿サーキットがライセンスの供与とアミューズメント施設へのコンサルティングを行って生まれた施設で、日本の鈴鹿サーキットや、ツインリンクもてぎでお馴染みのキッズ用アトラクションも多数用意されているようです。

その中でも気になるのは、鈴鹿サーキットと同様のレイアウトになっているカートコースでしょう。コース自体は全長600mとのことですが、鈴鹿のコースを凝縮すると、一体どんなコースになるんでしょうね? 

画像: お馴染みの鈴鹿サーキットと同様に、コース近くには観覧車(ミニ)がそびえ立っている。

お馴染みの鈴鹿サーキットと同様に、コース近くには観覧車(ミニ)がそびえ立っている。

鈴鹿サーキットのコンセプト・コースレイアウトを輸出したモビリティテーマパーク
「SUZUKA CIRCUIT PARK」が台湾・高雄市で本日開業
 
 株式会社モビリティランドが「鈴鹿サーキット」のライセンスを提供し、台湾の大魯閣エンタテイメント股份有限公司が台湾・高雄市に建設、運営するモビリティテーマパーク「SUZUKA CIRCUIT PARK」と、当施設が併設される大型商業施設「大魯閣草衙道(Taroko Park Kaohsiung)」が、本日5月9日(月)に開業した。
 初日に行われたオープニングセレモニーには高雄市の陳菊市長らが出席。陳市長は「大魯閣草衙道は、高雄市が進めるニュー・ベイエリア開発の中心。このモールをきっかけに、国内外からたくさんの観光客に高雄へ来てもらいたい」と当施設への期待を述べた。また、施設全体を運営する大魯閣開発股份有限公司の蔡明璋会長は「市政府をはじめ、協力いただいたすべての皆様に感謝している。これからもこの施設で観光客と雇用を増やし、地域に貢献していきたい」と今後への抱負を語った。
 さらに、モビリティランド取締役社長の曽田浩も登壇し、「待ちに待ったグランドオープンを迎えられたことは大きな喜び。
この事業により、台湾と日本の『絆』がますます強くなることを願っている」と語った。
式典では商業施設のオープンを記念するテープカットに続き、SUZUKA CIRCUIT PARKの「起動式」を実施。ゲストがスイッチを押すと遊園地内の遊戯機種が動き出す演出で、施設全体が華々しく開業した。
 当施設は、高雄国際空港から高雄MRT(地下鉄)で1駅の場所に位置し、外国人観光客を含めて年間で1,000万人を見込む、台湾南部で最大規模の商業施設となる。

画像: 「ミニ・鈴鹿サーキット」を走るカート

「ミニ・鈴鹿サーキット」を走るカート

画像1: 「SUZUKA CIRCUIT PARK」が台湾で開業!

画像: SUZUKA CIRCUIT PARK「起動式」の模様

SUZUKA CIRCUIT PARK「起動式」の模様

■施設概要
施設名/大魯閣草衙道(Taroko Park Kaohsiung)
アクセス/高雄国際空港より地下鉄高雄MRTで3分(草衙駅下車)
総面積/約86,000平方メートル(内 SUZUKA CIRCUIT PARK総面積 約30,000平方メートル)
エリア構成
・SUZUKA CIRCUIT PARK
・屋外型ショッピングエリア、レストラン
・3階建て商業棟(屋内外ショッピングエリア、レストラン)
・屋内アミューズメント(スポーツ施設、ファミリーアミューズメント、シネマコンプレックス他)
建設・運営/大魯閣開發股份有限公司(本社:台湾・台北市)

画像2: 「SUZUKA CIRCUIT PARK」が台湾で開業!

画像: 【鈴鹿賽道樂園】雙胞胎樂樂媃媃誰才是賽車女王?! youtu.be

【鈴鹿賽道樂園】雙胞胎樂樂媃媃誰才是賽車女王?!

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.