上位10チームが本選出場権利を獲得

先日行われた鈴鹿2&4レース。200kmというセミ耐久、ピットインやタイヤ交換、ガソリン補給があるというスタイルのため、鈴鹿8耐の前哨戦、なんて呼ばれています。
しかし、前哨戦と呼ばれるには理由がもうひとつ。というのも、今年の8耐は、FIMレギュレーションにのっとって出場チーム数が制限され、エントリー最大数が70チーム、つまり70チームしかエントリーできなくなっちゃったんです。

この70チームの中で、世界耐久のレギュラーチームが最大20チーム、昨年大会の決勝での上位20チーム、そしてtop10トライアル進出チームにシード権が与えられ、残りのチームは「トライアウト」を通過しなければなりません。そのトライアウトが、この鈴鹿2&4だったわけです。

この鈴鹿2&4では、トライアウトチームの上位10チームが本選出場権利を獲得。そして残りは、鈴鹿選手権(=鈴鹿サンデー)で再びトライアウト、ってことになります。今回の鈴鹿2&4で本戦出場権を獲得したチームは以下10チーム。

世界耐久の来日可能組がいくつになるか未定なので、残りイス数も確定しませんが、次の鈴鹿サンデーは5/7-8。通過チーム、まずひとヤマこえましたね、おめでとうございます! 参戦希望チーム、必死のパッチでがんばれー!

画像: DOG FIGHT TEAMJP AU マシンはYZF-R1です

DOG FIGHT TEAMJP AU マシンはYZF-R1です

画像: モトラッド・レンシュポルト ライダーはおなじみ“てらーん”こと寺本幸司 選手

モトラッド・レンシュポルト ライダーはおなじみ“てらーん”こと寺本幸司 選手

画像: チームプラスワン+太郎 チーム名でもわかります、ライダーは関口太郎 選手

チームプラスワン+太郎 チーム名でもわかります、ライダーは関口太郎 選手

画像: オートテクニックスポーツPGRは、元ST600チャンピオン、小林龍太 選手が走ります! 写真のライダーは中津原選手 選手

オートテクニックスポーツPGRは、元ST600チャンピオン、小林龍太 選手が走ります!
写真のライダーは中津原選手 選手

画像: 全日本スーパーモトの人気ライダー、濱原ソードーが8耐初挑戦!

全日本スーパーモトの人気ライダー、濱原ソードーが8耐初挑戦!

画像: SYNCEDGE 4413 Racingは武石 選手と宗和 選手のベテランコンビ!

SYNCEDGE 4413 Racingは武石 選手と宗和 選手のベテランコンビ!

画像: TTS&テルル・コハラRTからは、昨年の鈴鹿4耐ウィナー、中村敬司 選手がエントリー!

TTS&テルル・コハラRTからは、昨年の鈴鹿4耐ウィナー、中村敬司 選手がエントリー!

画像: Teamフーターズwith斉藤祥太は津田兄弟の弟・一磨 選手と、奥田貴哉 選手が走ります

Teamフーターズwith斉藤祥太は津田兄弟の弟・一磨 選手と、奥田貴哉 選手が走ります

画像: バイタルスピリット・サクラアドバンスは佐野優人 選手&辻本範行 選手が走ります。マシンのきれいさが目を引いてました

バイタルスピリット・サクラアドバンスは佐野優人 選手&辻本範行 選手が走ります。マシンのきれいさが目を引いてました

画像: Teamホンダ学園は全日本J-GP2を走る大木崇行 選手が清水郁己 選手と組みます

Teamホンダ学園は全日本J-GP2を走る大木崇行 選手が清水郁己 選手と組みます

鈴鹿2&4で本選出場権利を獲得したチーム
■DOG FIGHT TEAMJP AU
■MotorradRennsport
■CLUB PLUSONE&太郎
■オートテクニックスポーツPGR
■HKC & IMT Racing
■SYNCEDGE 4413 Racing
■TTS&テルル・KoharaRT
■TEAM HOOTERS with 斉藤祥太
■VITAL SPIRIT SAKURA ADVANCE
■Teamホンダ学園

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.