カジュアルにも楽しめるが、秘めたポテンシャルは相当高い

カワサキの250㏄ロードスポーツにはフルカウルを装着した「ニンジャ」と、ネイキッドスタイルの「Z」があり、それぞれに2気筒モデルと単気筒モデルがある。古くからのライダーはカワサキ=重量車といったイメージを持っているかもしれないが、現在のカワサキは軽二輪クラスにも積極的だ。これは東南アジアをメインとする新興国市場に対応するためだが、日本のライダーにとっても選択肢が増え、市場拡大に貢献している。

画像: シングルエンジンを活かしたスリムなボディだが、独特な表情のフロントマスクや、たくましく盛り上がったタンクと複雑な形状のシュラウドなどは、兄貴分のZ800と共通したイメージ。

シングルエンジンを活かしたスリムなボディだが、独特な表情のフロントマスクや、たくましく盛り上がったタンクと複雑な形状のシュラウドなどは、兄貴分のZ800と共通したイメージ。

国内外のメーカーが数多くの車種を投入している250クラスだが、その中でもZ250SLは東南アジアで売れ筋の2スト150㏄モデルに代わる車種という使命も持つだけに、ライバル車たちより一回り以上コンパクトな車格。148㎏という車重も燃料や冷却水、オイル類を含んだ装備重量表記だから、約10年前まで使われていた乾燥重量表記なら130㎏そこそこという、全盛期の2ストレプリカ車に近い数値。しかもアップハンドルだから取り回しやすさは言うことなしだ。

SLのエンジンはオフロードモデルのKLX用をベースに、ロードスポーツにふさわしい高回転パワーと小気味いいフィーリングを得るためのチューニングを施したもの。単気筒エンジンとしては低中回転トルクがやや細いが、車重が軽いので発進でモタつくようなことはない。本領発揮は約7000回転から1万回転で、この回転を保つように6速ミッションを駆使する走りは実に楽しい。大型車のようにとんでもない速度にはならないし、パワーリフトやスライドも起きないから、思い切りスロットルを開けられる。

ミニサーキットや峠道なら2気筒車よりも速く走れる!

ストリートでは充分過ぎる動力性能で、ミニサーキットや峠道なら2気筒車よりも速く走れるはずだ。高速走行ではエンジン回転が高めなので快適とは言えないが、100㎞/h+α程度の巡航はまったく問題なくこなせる。

画像: コンパクトに切り詰められたシートやテールカウル周りは、ベースとなったニンジャ250SLと共通。フルカウルを取り払ったことやカラーリングの違いにより、イメージが大きく異なって見える。

コンパクトに切り詰められたシートやテールカウル周りは、ベースとなったニンジャ250SLと共通。フルカウルを取り払ったことやカラーリングの違いにより、イメージが大きく異なって見える。

意外だったのはハンドリングの鋭さだ。ハードな設定の前後サスペンションとライバル車よりも1サイズ細い前後タイヤ、そしてアップハンドルで、文字どおりヒラヒラと進路を変える。ブレーキングやコーナリングでの姿勢変化が少なく、ライダーは余計なことを考えずにバンクさせるだけでスパッ! とコーナーを切り取れるのだ。こうしたダイレクトな反応は、かつての2スト125㏄モデルに近い。ただ、標準装着のTT900はグリップ力が今ひとつ。スポーツライディングを楽しむならTT900GPなどの高性能タイヤに履き替えたほうがいい。逆にストリートメインならリアサスのイニシャルを弱めることで乗り心地が改善する。

画像: ミニサーキットや峠道なら2気筒車よりも速く走れる!

ネイキッドスタイルの小柄な車体と必要充分な動力性能で高いコミューター適性を備えているが、秘めた実力は相当にスパルタン。普段の足代わり+ときには本気のスポーツライディング、といった使い方に応えるキャラクターで、エントリーライダーからベテランまで満足させてくれるはずだ。

画像: DトラッカーXやKLX250のものをベースにロードスポーツ向けにリファインされた水冷シングルエンジン。中回転域で力強く、高回転域では伸びやかなフィーリングを味わえる。

DトラッカーXやKLX250のものをベースにロードスポーツ向けにリファインされた水冷シングルエンジン。中回転域で力強く、高回転域では伸びやかなフィーリングを味わえる。

画像: 逆三角形形状のヘッドライトはマルチリフレクタータイプ。Z800やZ250とも共通したイメージを与えられ、シリーズのアイデンティティを表現。

逆三角形形状のヘッドライトはマルチリフレクタータイプ。Z800やZ250とも共通したイメージを与えられ、シリーズのアイデンティティを表現。

画像: 110mmのストロークを持つφ37mm正立フロントフォークを装備して軽快な乗り味と快適性を両立。2ピストンキャリパーに組み合わせられるのはφ290mm径のペタルローターだ。

110mmのストロークを持つφ37mm正立フロントフォークを装備して軽快な乗り味と快適性を両立。2ピストンキャリパーに組み合わせられるのはφ290mm径のペタルローターだ。

画像: スムーズに動作するユニトラックリヤサスペンションで優れた接地性と衝撃吸収性能を実現。リアのペタルローターはΦ220mm径。ホイールはニンジャ250と同様なスポーティなデザインだ。

スムーズに動作するユニトラックリヤサスペンションで優れた接地性と衝撃吸収性能を実現。リアのペタルローターはΦ220mm径。ホイールはニンジャ250と同様なスポーティなデザインだ。

画像: ニンジャ250SLと共通のコンパクトながら視認性に優れたオール液晶メーター。バーグラフ式回転計、デジタル速度計、距離計、時計、燃料計を分かりやすくレイアウト。

ニンジャ250SLと共通のコンパクトながら視認性に優れたオール液晶メーター。バーグラフ式回転計、デジタル速度計、距離計、時計、燃料計を分かりやすくレイアウト。

画像: ニンジャ250SLのものとシートのデザインは共通だが、シート高は785mmと5mmアップしている。燃料タンクに出来るだけ近づけられ、スリムさを追求することで足つき性の向上にも配慮。

ニンジャ250SLのものとシートのデザインは共通だが、シート高は785mmと5mmアップしている。燃料タンクに出来るだけ近づけられ、スリムさを追求することで足つき性の向上にも配慮。

全長×全幅×全高:1935×700×1015㎜
ホイールベース:1330㎜
シート高:785㎜
車両重量:148㎏
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量:249㏄
ボア×ストローク:72×61.2㎜
圧縮比:11.3
最高出力:29PS/9700rpm
最大トルク:2.2㎏-m/8200rpm
燃料供給方式:FI
燃料タンク容量:11ℓ
キャスター角/トレール:24度/90㎜
変速機形式:6速リターン
ブレーキ形式 前・後:φ290㎜ディスク・φ220㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後:100/80-17・130/70-17
価格:43万7400円

画像: 身長:176㎝、体重:60㎏

身長:176㎝、体重:60㎏

画像: バータイプのハンドルはニンジャ250SLよりもかなり高くて幅も広い。ステア操作が軽く、上体の前傾度も弱いから渋滞路もツーリングも快適だ。176㎝のライダーでも窮屈さは感じないし、細身の車体でオートバイとライダーの一体感が高いことも魅力。

バータイプのハンドルはニンジャ250SLよりもかなり高くて幅も広い。ステア操作が軽く、上体の前傾度も弱いから渋滞路もツーリングも快適だ。176㎝のライダーでも窮屈さは感じないし、細身の車体でオートバイとライダーの一体感が高いことも魅力。

(PHOTO:赤松 孝、南 孝幸、森 浩輔)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.