デザイン上も大きな特徴となっている、空冷4気筒エンジンを搭載したCB1100シリーズにスペシャル・エディションが登場します。いずれも落ち着いた雰囲気の中に、他には無いオリジナリティを秘めたカラーリングが大きな特徴。6月1日(水)までの受注期間限定モデルとなっています。

画像1: HONDA CB1100<ABS>Special Edition ■価格:109万2960円

HONDA CB1100<ABS>Special Edition ■価格:109万2960円

画像2: HONDA CB1100<ABS>Special Edition ■価格:109万2960円

HONDA CB1100<ABS>Special Edition ■価格:109万2960円

画像1: HONDA CB1100 EX<ABS>Special Edition ■価格:120万960円

HONDA CB1100 EX<ABS>Special Edition ■価格:120万960円

画像2: HONDA CB1100 EX<ABS>Special Edition ■価格:120万960円

HONDA CB1100 EX<ABS>Special Edition ■価格:120万960円

空冷4気筒エンジンを搭載した大型ロードスポーツモデル「CB1100<ABS>Special Edition」と「CB1100 EX<ABS>Special Edition」を受注期間限定で発売
 
Hondaは、空冷4気筒エンジンを搭載した定番の大型ロードスポーツモデル「CB1100<ABS>」に、日本の伝統“漆塗り”の深みのある漆黒を主体色に、“正絹”※1の上質さをイメージさせる白のストライプを組み合わせた特別感のあるカラーリングの「Special Edition」を追加するほか、「CB1100 EX<ABS>」に落ち着きと上質感を兼ね備えた主体色に特別感を演出するストライプを組み合わせた「Special Edition」を設定し、4月18日(月)に受注期間限定※2で発売します。
 
CB1100シリーズは「“鷹揚(おうよう)”ゆったり乗る・見せる・魅せられる」を開発コンセプトに、穏やかな出力特性の空冷4気筒1100ccエンジンを搭載し、オートバイらしい力強いデザインを追求して開発。2010年3月に発売して以来、高い質感で大人の価値観や所有感を満たす大型ロードスポーツモデルとして40〜50代のお客様を中心に支持され、日本オリジナルの「CB」として成熟・進化してきました。
  
今回の「CB1100<ABS>Special Edition」と「CB1100 EX<ABS>Special Edition」は、制動時の安心感を高めるABSを装備し、好評をいただいている「CB1100<ABS>」と「CB1100 EX<ABS>」をベースに特別仕様を施したモデルとなっています。また、燃料タンクのウイングバッジとイグニッションキーのエンブレムのベース色調には、明度を高めたレッドを採用し、ウイングマークの存在感をより際立たせています。
 
【CB1100<ABS>Special Editionの仕様】
・主体色に深みのある“漆黒”のグラファイトブラックを採用
・“漆黒”に映える“正絹”の白をイメージしたシャスタホワイトの市松模様のストライプを、燃料タンクとサイドカバーに採用
・フロントフェンダーとリアフェンダー、テールランプボディーにもグラファイトブラックを採用
 
【CB1100 EX<ABS>Special Editionの仕様】
・主体色に上質感のある金属調のチタニウムブレードメタリックを採用
・燃料タンクに特別感を演出するダークネスブラックメタリックの新ストライプを採用
・シリンダー、クランクケースにブラックを採用することで、ハブ仕上げのエンジンカバー類がアクセントになり、全体を引き締めて落ち着いた印象を演出
※1正絹(しょうけん)は混じり物のない絹糸、絹織物のこと
※2受注期間は、2016年4月11日(月)から6月1日(水)まで

■問い合わせ
お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.