激レアな最後の2ストスーパースポーツ!

国内では「絶滅危惧種」と言っても過言ではない2ストロークスポーツバイクだが、まだ新車が手に入る、という奇跡のような話が存在する。注目のマシンの名はカワサキ・インドネシア製のニンジャ150RR。カワサキ最後の2ストマシンの咆哮を、まずは味わってみよう。

画像: どことなく懐かしさを感じさせるフォルム。横幅だけ若干ワイドだが、全長と全高はニンジャ250SLとほぼ同じサイズ。フルサイズボディにもかかわらず、車重はSLより15kgも軽いため、走りっぷりは非常に元気。

どことなく懐かしさを感じさせるフォルム。横幅だけ若干ワイドだが、全長と全高はニンジャ250SLとほぼ同じサイズ。フルサイズボディにもかかわらず、車重はSLより15kgも軽いため、走りっぷりは非常に元気。

シャープな吹け上がりと加速は永遠の魅力

 ニンジャ150RRはタイカワサキで生産されていたKRR150系がルーツだが、タイ市場の急速な4スト化に伴ってインドネシア生産となり、モデルチェンジを受けて「ニンジャ」の車名が与えられた。しかしインドネシアでも4スト化の流れは速く、この2015年型がカワサキ最後の2スト車となりそうだ。
 4スト単気筒の最新モデルであるニンジャ250SLと比べると車格はほとんど変わらず、車重は15kg軽い。そして最高出力は149ccながらSLと同じ29馬力。改めて2ストのメリットを感じさせる数値が並んでいる。
 最新モデルとは違い、走り出すまでにはひと手間かかる。燃料コックを開いてスターターを引き、キックでエンジンを始動。様子を見ながらスターターを戻し、キャブレターが暖まるまで暖気運転。寒い時期だと最低でも5分は必要だが、こうした一連の「儀式」は僕を含めたベテランにとっては懐かしい、若いライダーには新鮮な操作だろう。
 
 スポーツモデル用の2ストエンジンと聞けば高回転域の狭い範囲でパワーを絞り出すピーキーな特性を想像する。1998年にKRR150SEに試乗したことがあるが、搭載されていたエンジンは40PS11000rpmというスペックで、しっかり回し込めば呆れるほど速かった反面、発進や加速ではレーシングマシン的なデリケートな操作が要求された。
 これに比べるとニンジャ150RRは格段に乗りやすい。生産国であるインドネシアでは混雑した都市部の移動に使われることが多いだけに、4000~7000回転あたりでのスムーズさも重要なのだろう。1速のギア比がショート(加速型)に設定されているので、ゼロ発進が力強く、渋滞路のノロノロ走りもストレスなし。大きめに設定されているスロットル開度もエンジンの反応を穏やかにしている。
 だが、7500回転を超えれば「さすが2スト!」と嬉しくなるパワーフィール。排気音が乾いた感じに変わり、レッドゾーンの始まる1万500回転まで、過給が効いたかのように一気に吹け上がる。
 
 この3000回転ほどが本来のパワーバンドだが、さらに1万2000回転付近までストレスなく回るから、実質的なパワーバンドは約4500回転。コーナーの連続区間やギア比の合わないコーナーでは大きな武器だ。
 加えて車重が軽いため、立ち上がり加速が鋭く、コーナリングスピードも速い。2~4速を多用するミニサーキットなら、ニンジャ250SLや2気筒のニンジャ250よりも速いタイムを記録するはずだ。
 回転域で変わるエンジンパワーを織り込んで操る楽しさと難しさ、パワーバンドに入っているときのエキサイティングさという、2ストエンジンらしい特性がニンジャ150RR最大のセールスポイント。絶滅へのカウントダウンが始まっている2スト車を新車で買える最後のチャンスとなりそうだから、ベテランだけではなく、2ストを知らない若い世代にもぜひ乗ってほしい。

画像: タイカワサキで生産されたKRR150の最終型「ZX」がニンジャ150RRのルーツ。エンジンやフレームは基本的に踏襲するが、ニンジャ150RRではスタイリングを一新。ボディカラーは、グリーン、オレンジ、グレーの3色。

タイカワサキで生産されたKRR150の最終型「ZX」がニンジャ150RRのルーツ。エンジンやフレームは基本的に踏襲するが、ニンジャ150RRではスタイリングを一新。ボディカラーは、グリーン、オレンジ、グレーの3色。

画像: カワサキ最後の2ストエンジンはミクニのVM28キャブレターとの組み合わせで29PSを発揮。高回転域での伸びやかな吹け上がりは特筆モノだ。始動はキックのみとなる。

カワサキ最後の2ストエンジンはミクニのVM28キャブレターとの組み合わせで29PSを発揮。高回転域での伸びやかな吹け上がりは特筆モノだ。始動はキックのみとなる。

画像: フロントフォークはインナーチューブ径41mmの正立フォークを採用。フロントフェンダーは空力特性に優れる深型のものを採用する。これらの装備はKRRを継承したもの。

フロントフォークはインナーチューブ径41mmの正立フォークを採用。フロントフェンダーは空力特性に優れる深型のものを採用する。これらの装備はKRRを継承したもの。

画像: スラリと伸びた細身のテールパイプとサイレンサーが2ストマシンらしさを感じさせる。スイングアームは補強入りのトラスタイプ、タイヤは前後ともIRC製となっている。

スラリと伸びた細身のテールパイプとサイレンサーが2ストマシンらしさを感じさせる。スイングアームは補強入りのトラスタイプ、タイヤは前後ともIRC製となっている。

画像: ヘッドライトは初代のニンジャ250Rにも似たデザイン。すり抜けの多いアジア仕様らしく、ミラーは左右のハンドルバーエンドより内側にマウントされているのがユニーク。

ヘッドライトは初代のニンジャ250Rにも似たデザイン。すり抜けの多いアジア仕様らしく、ミラーは左右のハンドルバーエンドより内側にマウントされているのがユニーク。

画像: テールランプもニンジャ250Rに似た形状のものを採用しており、このバイクがニンジャシリーズの血を引いていることをアピール。ウインカーは小型のライトスモークレンズ。

テールランプもニンジャ250Rに似た形状のものを採用しており、このバイクがニンジャシリーズの血を引いていることをアピール。ウインカーは小型のライトスモークレンズ。

画像: 右上の赤いスイッチに注目。国産車だとハザードなどが設置されるが「FUEL」と記されているこのスイッチは、下の写真にある水温/燃料計の切り替えスイッチなのだ。

右上の赤いスイッチに注目。国産車だとハザードなどが設置されるが「FUEL」と記されているこのスイッチは、下の写真にある水温/燃料計の切り替えスイッチなのだ。

画像: MAX200km/hまで刻まれたスピードメーターや、1万500回転から刻まれるタコメーターのレッドゾーンがこのバイクの性格を物語る。右には切り替え式の水温/燃料計を設置。

MAX200km/hまで刻まれたスピードメーターや、1万500回転から刻まれるタコメーターのレッドゾーンがこのバイクの性格を物語る。右には切り替え式の水温/燃料計を設置。

画像: 初代のニンジャ250Rにも似たフォルムのテールカウルと、セパレート式のシートを採用。タンデムシート下には工具入れ程度だが、若干のスペースも用意されている。

初代のニンジャ250Rにも似たフォルムのテールカウルと、セパレート式のシートを採用。タンデムシート下には工具入れ程度だが、若干のスペースも用意されている。

撮影:南孝幸、森浩輔

カワサキ ニンジャ150RRの基本情報、スペック
寸法・重量
全長/全幅/全高mm 1930/720/1095
ホイールベースmm 1305
最低地上高mm 145
車両重量 kg 134
エンジン・性能
種類 空冷2スト単気筒
弁形式 クランクケースリードバルブ
内径×行程mm 59×54.4
総排気量cc 149
圧縮比 6.9
最高出力kW/rpm 21.3(29PS)/11000rpm
最大トルクN・m/rpm 20(2.04kg-m)/9000rpm
燃料供給方式 ミクニVM28キャブレター
点火/始動方式 フルトランジスタ/キック
燃料タンク容量L 10.8
サスペンション
前 テレスコピック
後 スイングアーム
ブレーキ
前 ディスク
後 ディスク
タイヤ
前 90/90-17
後 110/80-17
価格
標準現金価格 53万9900円
問い合わせ先 MSLゼファー(03-3867-2194)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.