最新モデルのアフリカツインを始め、VFR1200シリーズや、NC750シリーズなどに搭載されているホンダの「デュアル・クラッチ・トランスミッション(以下DCT)」。クラッチ操作とシフト操作が不要だからといって、ただのオートマにあらず。アフリカツインは「DCTの方がイイ」って言う人も多いくらいですから。
 
そんな中、ホンダが二輪車用「Honda DCT」の専用ウェブサイトをスタートしています。オープニングから始まるミッションのCGアニメーション(AT、MTの切り替え可能)も大迫力ですよ!

画像: Honda | DCT | デュアル・クラッチ・トランスミッション youtu.be

Honda | DCT | デュアル・クラッチ・トランスミッション

youtu.be

グローバルに展開する二輪車用「Honda DCT」の専用ウェブサイトをスタート
 
 Hondaは、独創の二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(以下DCT)」の魅力を紹介するウェブサイト「Honda DCT」を3月25日(金)に開設します。
 DCT搭載モデルは、マニュアルトランスミッションのダイレクト感はそのままに、クラッチ操作とシフト操作からライダーを解放し、高次元のスポーツライディングや利便性を提供します。
 今回開設するウェブサイトでは、そのDCTに込められたHondaの想いやDCTによってもたらされるライダーへのベネフィットなど、DCTの魅力を音楽や映像、解説文、搭載モデルラインアップ紹介などのコンテンツで分かりやすく説明します。
 公開時は日本語と英語でコミュニケーションを開始し、順次、多言語に対応することにより、さまざまな国と地域の二輪ファンの皆さまへ、定期的にDCTの魅力を発信していく予定です。

画像: 分かりやすいCGは必見!「Honda DCT」サイトがスタート!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.