8月6日、7日に三重県の鈴鹿サーキットで開催される「二輪車安全運転全国大会」を目指し、5月上旬から全国で都道府県大会が始まります! 意識的なハードルの高さは感じますが、該当クラスの運転免許さえ持っていれば、都道府県大会のエントリー自体は難しくなさそうです。
腕自慢の皆さん、現在参加者募集中ですよ!

画像: 目指せ全国大会! 第49回二輪車安全運転全国大会は、8月6日と7日、鈴鹿サーキットで開催!

第49回二輪車安全運転全国大会
8月6日と7日、鈴鹿サーキットで開催
 
今年も全国47都道府県代表の二輪ライダーが鈴鹿サーキット(三重県)に集い「第49回二輪車安全運転全国大会」を開催します。
二輪車安全運転全国大会は、二輪車運転者の安全運転技能と交通マナーの向上を図ることにより、交通事故を防止しようとするもので、昭和43年から毎年開催しており、今年で49回目を迎えました。
この全国大会に出場するためには、まず都道府県で開催される大会に出場することが条件になります。常日頃のご自分の安全運転技術の確認にもなりますので、お気軽にご参加ください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.