画像: 会場に展示されていた完成品。全長僅か170mmあまりしかない

会場に展示されていた完成品。全長僅か170mmあまりしかない

タミヤ1/12オートバイシリーズの新製品「レプソル Honda RC213V’14 」の発売が間近となったのに合わせて、3月12日にタミヤプラモデルファクトリー新橋店で発売記念スペシャルトークショーが開催され、タミヤの広報・山本暁さんを司会に、この1/12モデルを設計した古谷隆久さん、そしてMotoGP解説でおなじみの宮城光さんが集まった。

画像: 左から設計者の古谷隆久さん、宮城光さん、司会の山本暁さん

左から設計者の古谷隆久さん、宮城光さん、司会の山本暁さん

まず最初は宮城さんがRC213Vの凄さを解説。現役時代はホンダワークスライダーとしてNSR500でレースを戦っただけでなく、現在もホンダコレクションホールのテストライダーとして新旧のレーシングマシンの動態保存に携わった上、昨年には今回モデル化された2014年型のワークスRC213Vそのものにも試乗している宮城さんが、その驚異的な性能を軽妙に分かりやすく説明。会場に詰めかけた熱心な模型ファン、レースファンは笑いながらも興味深いエピソードに引きこまれていた。

画像: カウルの分割、複雑なエキパイの取り回しなども実車通り

カウルの分割、複雑なエキパイの取り回しなども実車通り

画像: 設計途中に形状を確認するために3Dプリンターで制作された試作モデル

設計途中に形状を確認するために3Dプリンターで制作された試作モデル

そして設計者の古谷さんは、RC213Vの例を中心に、どうやって実車を模型化していくのか? というプロセスを紹介。実車取材で撮影された写真や設計時のデーター、さらには形状確認用に3Dプリンターで制作されたモックアップなど、実際に開発で使用されたものを交えて語られた。歪みを最小限にするために50m離れて撮影する、理想的な角度から撮影できるように高い脚立を持ち歩くなど、その徹底的な取材に基づく再現度の高さは、宮城さんをして「ディメンションとか全部分かっちゃいますよ」、そして「ここまでやられるとメーカーも困ってるでしょうね」といわしめるほど。

画像: 作れば速さの秘密が分かる? タミヤ1/12 レプソル Honda RC213V’14発売記念トークショー

限りなく実車に近いと宮城さんもお墨付き、タミヤ1/12 レプソル Honda RC213V’14は、3月26日に発売開始予定。定価4320円(本体価格4000円)。作ってみれば、あなたにもRC213Vの速さの秘密が分かるかも?

1/12 オートバイシリーズ No.130 レプソル Honda RC213V '14 14130
タミヤ (2016-03-26)
売り上げランキング: 770
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.