トップケース/サイドケースの実用度をチェック!

 初日は渋滞の一般路で帰宅したから、「低速でも扱いやすいエンジン特性と安定志向のハンドリング」程度のインプレしか取れていない。ということで2日目はオプションのケース類チェックから。
 僕は普段ナイロン製のタンクバッグとシートバッグを使っているんだけど、雨に弱いのが難点。ハードケースは素材自体が完全防水だし、蓋もピッチリ閉じるから豪雨の中でも浸水しない。しかもロック機構がしっかりしているのでケースごと盗まれる可能性もごく低い。
 なるほど、これなら多くのツーリングライダーが箱モノを付けるわけだよね。さらにスズキ純正だけに、着脱がどえらく簡単なのだ。

画像: トップケースはちょっとバイクから離れるときに、素早くヘルメットを収納できるのが便利。B+COMをヘルメットに装着したままでも楽々と収まった。梅雨時期なのでレインウエアとインナージャケットも常備しときました。

トップケースはちょっとバイクから離れるときに、素早くヘルメットを収納できるのが便利。B+COMをヘルメットに装着したままでも楽々と収まった。梅雨時期なのでレインウエアとインナージャケットも常備しときました。

 取り外しはキーでロックを解除してからリリースボタンを押すだけ。車体に干渉することもなく、あっさり外れる。装着するときはキャリア側の「受け」にケース側の突起を合わせ、バチン! と押し込めばいい。2~3回練習すれば、所要時間は掛け値なしに1個あたり5秒だ。
 暗い場所(ウチの駐輪スペース)でもまごつかずに着脱できたよ。

「何入れる?」合計100Lオーバーの大容量

 容量はトップケースが39L、サイドケースが各33Lで、3つ合わせて100L以上。これだけあれば1週間以上のツーリングでも充分でしょ。
 僕のツーリングはいいとこ1~2泊だから、スペースがスカスカに余りそう。「シュラフとテントを入れてキャンプもいいな……」とか「1カ月で日本一周しちゃおうか!」と、夢が広がっていく。 これはすごく大事なこと。考えてみれば夢のある実用アイテムって珍しいね。

画像: トップケースは専用キャリア込みで56700円。サイドケースは専用キャリア込み左右セットで82950円。安くはないけれど、防犯性・防水性を含めた使いやすさを考えるとやっぱり欲しい装備だ。

トップケースは専用キャリア込みで56700円。サイドケースは専用キャリア込み左右セットで82950円。安くはないけれど、防犯性・防水性を含めた使いやすさを考えるとやっぱり欲しい装備だ。

画像: スズキの「Sマーク」を打ち抜いたリアキャリア。こうした遊び心が大事だね! サイドケース用キャリアが装着されているので、ウインカーの取り付け位置は高くなっている。

スズキの「Sマーク」を打ち抜いたリアキャリア。こうした遊び心が大事だね! サイドケース用キャリアが装着されているので、ウインカーの取り付け位置は高くなっている。

街中燃費は約14km/L

 また渋滞にはまってクルマの流れに付き合うのはイヤだから、サイドケースを外して出発。高速道路経由で新宿まで買い物に。
 目的地近くまではスイスイ速かったのに、空いているバイク用駐車場がなかなか見つからない。バイクは都市部の移動手段として効率のいい乗り物なのに、駐車できなきゃ意味はない。バイク駐車施設も法律も、早く整備してほしいもんだ。
 目的の店の前を何度も通り過ぎてたら、店のオヤジが『俺が見てっから、ここに止めていいよ!』と声をかけてくれた。15分ほどで買い物を終えて戻ったら、店のオヤジはバンディットに跨ってバーチャルライディング中。密かに見てると、ベッタリ伏せたりハングオンしたりしてる。しかも結構しっかりしたフォーム。
 聞けば僕と同世代で、30年前は毎週あちこちの峠を走り回ってたそうだ。オートバイ誌に連載していた僕のレース参戦記も読んでいて、井戸端ならぬバイク端談義で大いに盛り上がった。 
 で、最後に『また乗りたくなっちゃたな~』だって。いいぞいいぞ、乗れ乗れオヤジ!!

画像: 1~2泊の日程ならトップケースだけで充分。思いがけず荷物が増えたら、ロープやネットでサイドキャリアに固定する、という方法もあり。

1~2泊の日程ならトップケースだけで充分。思いがけず荷物が増えたら、ロープやネットでサイドキャリアに固定する、という方法もあり。

 帰宅して1回目の給油。昨日と合わせて走行距離は139.5kmで、給油量は10.07Lだから、燃費はざっと14km/L。渋滞路をノロノロ走り、高速道路をそこそこ飛ばしたわりには良好。ツーリングで何km/L走るのか楽しみだ。(本日の走行 約100km・太田安治)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.