スーパースポーツのエンジンの魅力と、日常での使い勝手を両立したスタイルを持つ、「スーパーネイキッド」とか「ハイパーネイキッド」とか呼ばれているジャンルの代表格です。
国内のラインアップではなく、逆輸入車という形で購入が可能なモデルなんですけど、「他の人が乗っていないバイクに乗りたい」なんて人にはおススメかもしれません。
オートバイ誌のテスター陣にも好評なんですよ。
さっそく試乗ダイジェストをどうぞ!(オートバイ編集部・福助)

画像: 「バースター&ツイストキング」というコンセプトから生まれたCB1000Rのスタイリングは、ストリートで映え、かつ圧倒的なパフォーマンスを感じさせるスタイリング。直線基調でありながら、躍動感を感じさせる、精悍なデザインだ。個性的なマスクの中、ひときわ存在感を放っているのがLEDポジションランプ。やや青白い光を放ち、スポーティさと高級感を演出する。

「バースター&ツイストキング」というコンセプトから生まれたCB1000Rのスタイリングは、ストリートで映え、かつ圧倒的なパフォーマンスを感じさせるスタイリング。直線基調でありながら、躍動感を感じさせる、精悍なデザインだ。個性的なマスクの中、ひときわ存在感を放っているのがLEDポジションランプ。やや青白い光を放ち、スポーティさと高級感を演出する。

[車種解説]
 イタリアホンダで生産され、ヨーロッパ諸国で高い人気を得ているのがCB。オリジナルの車体に搭載されているエンジンは2007年モデルのCBR1000RR用をベースとしている。約125PSと控えめな数値だが、低中回転域での扱いやすさを得るために、吸排気系を中心に大幅なセッティング変更を施した結果。パワーを絞り出すCBRに対し、CBは「力が湧き出る」フィーリングを与えられている。

画像: ブルーのEL照明が美しい3分割のレイアウト。センターはバーグラフ式タコメーター、左がスピードメータだ。

ブルーのEL照明が美しい3分割のレイアウト。センターはバーグラフ式タコメーター、左がスピードメータだ。

[インプレッション]
 このエンジンのおおらかな特性は走りだして1分で判る。アイドリング近辺から充分なトルクを発生していて発進時にクラッチ操作やアクセル開度に気を使わなくてもスルスルと動き出すし、6000回転あたりまでフラットなフィーリング。街乗りやツーリングではタコメーターを見る必要はなく、適当にシフトアップしてもしっかり加速する。
 アクセルレスポンスが優しいので大型車に不慣れなビギナーでもギクシャクしないし、混雑した市街地でも疲れない。こと低中回転域ではビッグネイキッド並みに扱いやすい特性だ。8000回転を超えるとレスポンスが鋭くなるが、Zのように豹変するのではなく、フラットな加速感に分厚いトルクが上乗せされる感覚。1万1000回転でレブリミッターが効くが、その回転域でもジェントルさは失わない。
 実は初めて乗った時に「乗りやすいけどスポーツライディングはつまらなそうだな」と思ったのだが、峠道を走って即座に前言撤回。このエンジン特性が気持ちに余裕を与えてくれるので操作に集中でき、質の高いキレイな走りができるのだ。ハンドリングは速度域に関わらず接地感の高いもので、
特に軽快というわけではない。だが一次旋回力は高く、寝かし始めた瞬間にグイッと向きが変わり、フルバンクまで手応えが一定で安心感が高い。強引に押さえ付けたままアクセルを開けると、微妙に車体が捻じれてさらに旋回力が増す。イメージとしては狙ったラインよりタイヤ2本分ほど小さく
回れる、といったところ。
 寝かし込みから立ち上がりまで、刻々と変化する前後タイヤのトラクションをしっかり感じ取れるので、ブレーキとアクセルによる荷重移動や体重移動で旋回の質が変わることを実感できるのもCBの特徴。乗り込むほどに充実感が湧き上がってくるのだ。
 ジェントルな性格なので日常の足にするならZより楽だが、引き換えにエキサイティングさは希薄。優等生のCBとヤンチャ坊主のZ。どちらも可愛いだけに悩みどころだ。(太田安治)

画像: <試乗ダイジェスト>HONDA CB1000R (2009年モデル)

(写真/南孝幸)

■HONDA CB1000R 諸元
全長×全幅×全高:2105×785×1095mm
ホ イールベース:1445mm
シート高:825mm
装備重量:217(222)kg
エンジ ン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:998cc
ボア×ストローク:75.0× 56.5mm
圧縮 比:11.2
最高出力:124.8PS/10000rpm
最大トルク:10.09kg-m/7750rpm
燃料供給方式:PGM-FI
燃 料タン ク容量:17L
変速機形式:6速リターン
ブレーキ形式 前・後:ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ 前・後:120/70ZR17・180/55ZR17
※( )はABS
■ 価格:141万円(※パッセージ埼玉しらべ)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.