手軽なストリートバイクとして人気のCB223Sです。
以前FTR223に乗っていた身としては、ほぼ同じエンジンを搭載するCBは気になる存在だったりします。渋滞が多い都内を頻繁に走るには、ベストなサイズだと思いますし。やっぱり使い勝手が抜群です。あと、このジャンルとしては11リットルってタンク容量も魅力です。元々燃費が良いから、かなりの距離を走れます。それではダイジェストです。(編集部・福助)

画像: ホイールベースが1395mmとライバルの中では唯一1400mmを下回っている。また軽い車体と相まって、抜群の取り回し性能を誇る。シート高は780mmと若干高めとなっている。

ホイールベースが1395mmとライバルの中では唯一1400mmを下回っている。また軽い車体と相まって、抜群の取り回し性能を誇る。シート高は780mmと若干高めとなっている。

[車種解説]
 空冷4スト単気筒をスチールパイプフレームに搭載するベーシックスポーツ。燃料供給にキャブレターを使用しているためか、インジェクションにはない、ちょっと荒っぽいパンチの利いたパワー特性だ。
 ハンドリングは、前後18インチ(特にフロントのセミファットタイヤ)の特性か、安定性重視で、クイックさは少ないが、前輪がしっかり接地している感覚が強く、安心してライディングできるのも人気だ。
 スタイリングは、これぞCB、というベーシックなもので、フロントはシングルディスク、リアはドラムというシンプルな装備だが、そのシンプルさが軽量な車体に一役買っており、毎日の足に気軽に乗り出すことができる。これなら「エイプ223」とのネーミングも面白いかも、と思わせるほどポジショニングは似ているかもしれない。
 軽量コンパクトでシンプル。まさにストリートバイクのお手本だ。

画像: メーターはアナログの速度計のみ。オドメーターだけでなくトリップメーターも装備。

メーターはアナログの速度計のみ。オドメーターだけでなくトリップメーターも装備。

[インプレッション]
 ストリートトラッカーとして人気だったFTRをベースに、よりコンサバなロードスポーツ然としたスタイリングを与えられたCB223。空冷、キャブレター車でありながら意外に元気で、軽量スリムな車体は誰にでも扱えるものだろう。
 装備に特筆すべきものはなし。もちろんそれが223の特徴なのだが、これはまさにエイプ223と形容するとわかりやすいかもしれない。限られたパワーで5速ミッションを駆使してスピードに乗せる面白さは、まさにエイプと言っていいかも。
 シティランをするユーザーが大半だろうが、高速道路にも乗れて、ツーリングにも出られる経済車。セカンドバイクとしても最優良!(中村浩史)

(写真/南孝幸)

■HONDA CB223S 諸元
全長×全幅×全高:2100×780×1110mm
ホ イールベース:1395mm
シート高:780mm
車両重量:135kg
エンジ ン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量:249cc
ボア×ストローク:65.5×66.2mm
圧縮比:9.0
最 高出力:16PS/ 7000rpm
最大トルク:1.8kg-m/5500rpm
燃料供給方式:キャブレター
燃 料タン ク容量:11L
変速機形式:5速リターン
ブレーキ形式 前・後:シングルディスク・ドラム
タイヤサイズ 前・後:110/90 -18・130/80 -18
カラー:キャンディーグレイスフルレッド(ストライプ)
コルチナホワイト、グラファイトブラック(ソリッド)
■ 価格:41万8950円(ソリッド)/42万9450円(ストライプ)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.