雨の中のタラタラ走行で20km/Lオーバー

画像: いよいよ最終日。ホンダさんにバイクを返却しなければなりません。

いよいよ最終日。ホンダさんにバイクを返却しなければなりません。

前日はピカピカに磨き上げてから近所のキレイな場所で記念撮影。
「明日はちょっと寄り道してから返そうかなぁ」などと考えていたら、朝から雨降ってやんの!
インプレ中にも何度か小雨に降られたけど、予想通り塗装部分もメッキ部分も汚れがかなり目立つ。かといってシャンプー洗車するほどじゃないし…。そんなときに僕が愛用しているのが「パーマラックス」。ウエスにスプレーして拭くだけである程度の汚れを落とし、同時に輝きと撥水性を与えてくれるスプレーワックスだ。

画像1: 雨の中のタラタラ走行で20km/Lオーバー

塗装面からメッキ、無塗装樹脂、ミラー、プラスチック、ゴムパーツ、ビニールレザー、さらにはメルメット、家電製品、スポーツ用品まで、水分を吸収しない部分なら原則としてすべて使える用途の広さが特徴。3780円/300mlと少々高めだけど、これはオススメです。
さて、そこそこの雨の中をカッパを着込んで出発。天気が天気なのでどこにも寄り道せずにホンダ本社に直行した。
満タン返却がお約束なので、近くのガソリンスタンドで最後の給油をして燃費を計算すると、これまでで最高の20.4km/Lをマーク。
雨に加えて高速道路も比較的空いていたので、クルマの流れに合わせてのんびり来たのが功を奏したみたい。最後の最後にうまく走れば20km/L以上走ることを確認できたのは収穫だった。
全走行距離は850.7km。
燃費は最低で16.4km/L、最高で20.4km/L。
平均すると17.4km/Lとなった。
個別の印象では、
街中の渋滞路中心:16km/L台
流れいい一般道と高速道路の複合:18km/L前後
高速道路中心で省燃費走行:20km/Lオーバーという感じ。
まずまずの燃費といっていいだろう。
最後に、今回の1週間インプレッションにあたって新調したヘルメット「アライMZ」についてひと言。

画像2: 雨の中のタラタラ走行で20km/Lオーバー

画像3: 雨の中のタラタラ走行で20km/Lオーバー

この「アライMZ」。これまでのオープンフェイスの定番「SZ」に対して、頬部分の帽体が30mm長いのが最大の特徴。

実は僕自身は完全なフルフェイス派。撮影などでどうしてもオープンフェイスが必要な場合以外は、どんなバイクでもフルフェイスを被る。
理由はふたつ。
ひとつは万が一の時のことを考えると、頬周りの開放感に一抹の不安を感じること。
もうひとつは、コンタクトレンズを使っているので走行風の巻き込みが気になるため。
「MZ」は感触的にフルフェイスと同じくらいまで頬を覆うので安心感が大きくアップ。
何が原因かは分からないが、目の周りへの風の巻き込みも少なく、サングラスせずに走ることができた。ネガは、頬が押されるのでガムを噛みながら走れないことと、いちばん下の息子に「アンパンマンみたい!」と言われることぐらいかな。
とまぁ、どうでもいいオチをつけたところで1週間インプレはおしまい。
お付き合いありがとうございました。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.