まいど!
これから1週間、VT1300CXのインプレッションを担当する安藤です。

画像: <1週間インプレッション> HONDA VT1300CX 安藤佳正 序章

高速道路の快適性は容易に想像できるVT1300CXだけど、
ツーリング専用に持てるほど安いバイクじゃない。
近所の買い物や都市部の移動に二の足を踏むようじゃ困っちゃう。
そんな観点からじっくりチェックし、味わってみようと思ってます。
それにしても、何度見てもすごいカッコだね、このバイクは。
車両を受け取って神宮外苑で撮影してたら、
2歳のお孫さんを連れたおばあちゃんが寄って来て、
「すごいオートバイですね。これはどこのですか?」と。
きっとハーレーだと思ったんだろうね。
「ホンダです」と答えたら驚いてた。
他にも何人か立ち止まって眺めてたし、
走っていても、信号待ちの学生や4輪のドライバーから視線を感じる。
家に帰れば向かいのダンナが子どもと一緒に出て来るし、
オートバイにあまり興味の無い人にも、
このスタイルはかなりインパクトがあるみたい。
さて、かなり長くて大きいVT1300CX。
車重も300kgを超え、押し歩きは結構な手応えがあるけど、
足着き性がいいから跨ってしまえば不安は無くなる。

画像: 押し歩きも、跨ったまま足で蹴って動かした方が安心感が高い。

押し歩きも、跨ったまま足で蹴って動かした方が安心感が高い。

ポジションはハンドルもステップも遠め。
これでも北米仕様よりかなり手前に来てるんだけど、
レポーター仲間には「あっ、ダメ。これシフトできない!」という人もいた。
僕自身は苦にならないし、逆にハンドルが遠めな分、
スピードを出したときに自然に上体を前かがみにできるので、
結構好きなポジションなんだけど、小柄な人にはキツイかなぁ…。
ハンドルフルロックでUターンすることを考えると、
身長165~170cmぐらいは欲しいかな?
実際に走ってのインプレッションはこの後で。
では、1週間よろしくお願いしますね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.