画像1: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 5日目

ホンダ NC700Xとの1週間生活も5日目を迎えました。
今回の1週間生活は、前後足まわりをショートストローク化し、
シート高を落としたNC700X Type LDも同時進行です。
ちなみに手前の赤い車両がType LDなんですが、
上の写真のとおり、パッと見では見分けがつかないと思います。
車両価格は同じです。
PHOTO:南 孝幸、関野 温

画像: 右がType LDです。 シート高はNC700X(左)が830mm、 NC700X Type LD(右)は800mm。 その差は30mm。

右がType LDです。
シート高はNC700X(左)が830mm、
NC700X Type LD(右)は800mm。
その差は30mm。

画像2: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 5日目

画像3: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 5日目

跨ってみるとその違いがわかります。
上の写真はNC700X。
両足を出すと、少しカカトが浮く感じ。
あっ、ボクの身長は175cm、体重67kgです。

画像4: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 5日目

画像5: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 5日目

Type LDは両足のカカトがつきます!
わずか30mmの差ですが、足つき性を優先する人には
Type LDの設定が嬉しいはずです。

画像6: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 5日目

もっとよく見てみましょう。
前後サスペンションが違います。

画像7: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 5日目

フロントフォークのインナーチューブを見比べると
Type LD(赤)の方がストロークが短いのがわかります。
Type LDの前後サスはNC700Sと同じなんです。

画像8: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 5日目

むむむっ、細かい違いも発見!
Type LDのサイドスタンドは、スタンダードよりも短いです!!

画像9: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 5日目

さらにノーマル比約25mmダウンの
テイエス・コーポレーション・ローシート(1万8900円)が
純正オプションとして用意されていまして、
足つき性に不安のある人には嬉しいかぎりではないでしょうか。
サスストロークは長いままシート高を下げたい人にはSTD+ローシート、
足つき性を優先したいならType LDに追加すれば鬼に金棒です。
【青木タカオ】

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.