W800には、燃料の残量が分かるゲージは無いものの、
メーター内の給油ランプが点灯という形で、ガス欠を知らせてくれる便利な
機能があります。
点滅。
直ぐ消えちゃったので、故障だったのかと思いきや、、、
しばらく走ると二回目の点滅。一回目より長めに点滅。
かなり明るくチカチカ黄色い表示が出るので、自然に視界に入ってきます。
でもまた消えちゃった。
三回目の点滅。点滅・点灯時間が長くなってきました。

画像1: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 最終日

心配性の私には、もう耐えられませんw
結局給油しちゃいましたが、ガソリンが入った量を考えると、
あと3リットル分も走れたようです。
早めに教えてくれるから心に余裕が持てますね。
(ガソリンスタンドの大渋滞、落ち着いて良かったです)

画像2: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 最終日

視界に入るといえば、
左右に張り出たウインカーは、ちょっと大きめでとっても明るい!
前方しか見ていないのに派手にチッカチカしてくれるから、
W800だとウインカーの消し忘れがないんです。

画像3: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 最終日

一週間W800と共に過ごしてみると、
乗れば乗るほど魅かれていくバイクだってことが分かりました。
最初は乗りやすいバイクだなぁ、くらいに考えていたんだけど
噛めば噛むほど味が出てくる!
デザインの美しさはもちろんのこと、
フレンドリーというか、この操縦性の良さといったら、
バイクって 楽しくって HAPPYになれるモノなんだと
思い出させてくれたんです。
あと、W800から発する鼓動が、手から足から伝わって、
心臓とシンクロし脈打って全身を駆け抜ける。
マシンと人間、ではなく、Wはアタシの身体の一部というか。
こんな感触、理解してもらえる…でしょうか?
一週間お読み頂きありがとうございましたm(_ _)m
いずれオートバイ本誌にも掲載されますんで、
ぜひそちらも見てねッ。
(4月1日発売号は、ページの都合により見送られました…)
コウノユウキでした。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.