高速走行中に多少横風を受けても、動じないW800。
多少のわだちでもフラフラすることなく、バランス良く真直ぐ走ってくれます。

画像1: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 6日目

これには良い意味での重量感を感じちゃう。

街乗り中は私でも楽々と扱えちゃうのに、
やっぱりミドルクラスのオートバイなんですねぇ。


追越し時、強引にアクセルを回せば、
加速力の良さに思わずニンマリしちゃって。( ´艸`)


80km/hの速度域では、回転計は“3”辺りをいったりきたり。
(レッドゾーンはメーター上7000r/min~)

いつもはレッドゾーンぎりぎりで、回転数とにらめっこしながら走る私にとって、
この半分以下の数値には、驚かされました。

スピードを上げていくと、幅広のハンドルだからなのか、速度を出すほど
ミラーが微妙に震えますが、
その割にはレバーからの振動はあまり気になりません。


またリアサスが衝撃を吸収してくれ、
お尻や、足のシビレなども、さほど感じない♪

かなり穏やかにロングランを楽しめちゃいました。(四時間くらい)

画像2: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 6日目

“トトトトッ” という個性的なエンジン音からして、
それに伴う振動も覚悟していたんですが、
良い意味で裏切られてしまいましたぁッ!



カイテキでタノシイ。

W800となら、どこまでも行けちゃいそうです。

次回はいよいよラストラン(-公-、)
コウノユウキでした。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.