明くる朝…
泥がマシンの隙間という隙間にびっしりつまっており、
まずは洗車から始めました。
コンクリートからしみ出た泥って、何度水を流しても、全っ然落ちないのですね。
キレイになったと思って拭きあげると、数時間後には元の姿。

画像: ただ、幸いなことにスペシャルエディションは、エンジン、エキパイ、マフラー、フォーク、フェンダー等、 ブラック塗装が施してあるため、汚れがあまり目立ちにくいようです。あたしみたいに横着な人間には 良いですね。

ただ、幸いなことにスペシャルエディションは、エンジン、エキパイ、マフラー、フォーク、フェンダー等、
ブラック塗装が施してあるため、汚れがあまり目立ちにくいようです。あたしみたいに横着な人間には
良いですね。

洗車後なんで、今日はポジションのお話。
すっと腕を伸ばすと、ちょっと広めのハンドルバーがあり、
遠からず、近からず、ゆとりのある距離が保てます。

画像1: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 3日目

カフェスタイルシートは、一見小さそうなイメージを与えますが、
前後にお尻をずらせる長さが十分あり、体格の良い男性でもこの長さが
あれば余裕でしょう。
それと乗り降り時、後方のアンコ盛部分に(正式名称ってあるのかな?)
足があたっちゃうかと思ったけど、シート高が低いので、
まったく気にならず v(。^-^。)v
柔らかめで、滑りづらいシート形状と、
タンク脇に付いた樹脂パーツのおかげで、ニーグリップが非常にラク。
この黒いパーツね、厚さに差異があって足に沿っているの。
細部までちゃんと考えられてますね。
それより、こんなに存在感のある黒い突起物が、
全体のデザインを邪魔していないのく、そこが不思議です。

画像2: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 3日目

足付き性は、両足ベタリ♪♪
ただネ、自然に足を出すとステップが邪魔をするんです。
でも、これはWオーナーになったらすぐに慣れちゃうことでしょう。
むむむ、
何だかとっても扱いやすそう&乗りやすそうなW800。
そんでもってカッコ良いから、みんなに見せびらかしたい!
 
コウノユウキでした。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.