最近、朝晩は少し冷え込むものの、お昼はポカポカ天気が続き、
いよいよ春の到来!!
何をやるにも楽しい季節がやってきましたね~
というわけで、お久しぶりですっ。コウノユウキです。
今日から私と一週間を共にするバイクは、
先月発売になった“Kawasaki W800”。

画像1: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 1日目

デビューしたてのW800だけど、3月号に掲載されていた
ライター青木タカオさんのW1SA 、元オートバイの副編ふなさんの愛車
W650だったりと、身近なトコでも根強いファンを持つW。

今回、標準仕様とは一味違ったスペシャルエディションの
“カフェスタイルカスタム”が相棒ということで、
期待も排気量もアップ↑アップ↑ですぅ。

画像2: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 1日目

カフェレーサータイプは、室内保管の展示マシンしか見たことがなかった・・・。

だからクラシカル、といったって、当時を知らないあたしにとっては
正直新鮮だったりするんですヨ。



まず新鮮ポイントの一つ目は、車体と統一感のある同色ビキニカウル。

存在感があるのは勿論のこと、上部透明なので視界を妨げず、
高速走行では防風効果も期待出来そうですね。

画像3: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 1日目

そして、カフェスタイルシート。

しんぐるしーと?って感じにアンコ盛されているシート後部が、豊満なヒップを
イメージさせてくれますね(笑)。

ころんとしてて可愛いです~♪

画像4: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 1日目

タンク左右のエンブレムは、眼のような?鳥が飛んでいるような?
立体型のバッヂ。
さりげなくない銀ギラギンのエンブレムは、
光を受けて四方八方に輝きを放ちます。

画像5: <1週間インプレッション>KAWASAKI W800 1日目

きゃ~!

見れば見るほどカッコイイィ~(うっとり)

そういや過去に乗ったW650は取り回しがしやすくて、
乗りやすくパワフルなオートバイだったと記憶しています。

進化したW800を一週間乗り回して、私なりの角度からインプレして
いきたいと思いまぁす。



では、一週間よろしくお願いします。



コウノユウキでした。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.