鈴鹿サーキットは公式予選が終わりました。
酷暑、ってほどのコンディションにはならなかったんですが
お昼前に気温35℃、路面温度55℃ほどまで上がりました。
午前のセッションは先のエントリにあげたとおりですが
総合のトップタイムは↓このひと!

画像: チームグリーン、渡辺一樹 暫定ポールポジションの座、獲得です!

チームグリーン、渡辺一樹 暫定ポールポジションの座、獲得です!

写真・文/ナカムラヒロフミ

A/Bグループに分かれての第1~3ライダーのタイムアタック。
さっきにもあげたように、午前にタイム出しをしたチームは
午後も、路面温度が落ち着く時間帯を待って
第3ライダーがタイム出しする、という戦略を取っていたチームが多かったようです。
第1ライダーではヤマハ中須賀、ハルク高橋、加賀山ら有力ライダーは
ほぼタイム更新なし。午前の1回目の時間帯にタイム出ししてるからですね。
そしてヨシムラ津田が、接触で転倒を喫し、タイム更新ならず!

画像: 津田、この後にまさにここで転んじゃいました…

津田、この後にまさにここで転んじゃいました…

画像: ヤマハファクトリーを牽引するのは中須賀! ニューR1、グッと増えました!

ヤマハファクトリーを牽引するのは中須賀! ニューR1、グッと増えました!

画像: ぜんぜん速そうに見えない、だけど速いストーナー。1走行ごとに着実にタイムアップ!

ぜんぜん速そうに見えない、だけど速いストーナー。1走行ごとに着実にタイムアップ!

第2ライダーでは、ヤマハファクトリーのポル・エスパルガロが劇的に速く
午前のタイムを更新する2分07秒075をマーク!
うはぁ、速ぇぇ!と感心した次の周、ヘアピンで転んでしまいました。
ライダーにケガはなかったものの、メインバイクはけっこうイッちゃいました。
転んじゃダメなんだよなぁ…これがあとあとまで響かなければいいんだけど…。
ほか、TOHO山口、ハルクのマイケル、カガヤマの芳賀(へんな表現・笑)が
午前のタイムを更新しました。あんまり気温も上がらなかった時間帯でした。
第3ライダーは、ケーシーや清成、グリーン渡辺がひしめくグループ。
まず渡辺が2分06秒656という全体のトップタイムを出したのをきっかけに
あんまり気温が下がらなかったのにも関わらず
どんどん各チームともペースアップ!
そうすると、きたきたきたきた、ケーシー・ストーナー!
ここまで、1回の走行ごとに、着々着々とタイムアップしてきたんですが
このラスト走行で、ついに2分06秒台に突入してきました!
しかも、アタックしてた周はほとんどクリアラップが取れず
抜いて抜いて、パスしてライン交錯して出したタイムが2分06秒963!
いかな世界チャンピオンとはいえ、2年間も完全ブランクがあって
CBR1000RRに何度しか乗ってないのに、このタイム!
この日、2分06秒台に入ったのはたったの4人!
その4人に入っちゃうんだから、やっぱりすげーぞ、ストーナー!
これでトップ10トライアル出場チームは、A/B各グループの上位5位ずつで
1:チームグリーン 2:ヨシムラスズキ 3:ヤマハファクトリー 4:TSRホンダ
5:ハルクプロ 6:桜井ホンダ 7:チーム加賀山 8:エヴァンゲリオン
9:TOHOレーシング 10:モトマップサプライ
ということになりました。
各グループ均等取りということで、タイムはよかったのにモンスターヤマハが
総合11位となり、トップ10トライアル進出を逃しました。
このトップ10の中でもヨシムラ、ヤマハファクトリー、TSRホンダが転倒を喫し
ナイトセッションではチーム加賀山、エヴァンゲリオンも転倒。
トップチームがこれだけ転んじゃう8耐ってのも珍しいです!

画像: 撮っちゃった…

撮っちゃった…

明日はトップ10トライアルの日! その前の4時間耐久も楽しみです!

<こうして日曜までアッという間にすぎるんです ナカムラ>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.