この週末は九州・大分はオートポリスサーキットにおります。
8耐をはさんだ、長ーいインターバル明け、後半戦スタートのレースで
しばらく天候が悪かったのも落ち着いて、気持ちのいい秋晴れであります。
オートポリスの秋のレースは、天気が良かったらホントに気持ちがいい!
特に、オートポリスに上がってくるお山のワインディングが気持ちよくて
毎回「あぁぁ、バイクで来たいぃぃ!」と軽く取り乱す、そんないいトコです。
さて、その全日本・第6戦は2&4形式の開催で
2輪はJSB1000クラスだけの一戦。
きょうの予選を制したのは、やっぱりこのひと!
鈴鹿8耐を制した、ヤマハファクトリーレーシングの中須賀克行でした!

画像: 金曜2回の合同走行、今日のノックアウト予選2回とも制した中須賀。つけいるスキある?

金曜2回の合同走行、今日のノックアウト予選2回とも制した中須賀。つけいるスキある?

写真・文/ナカムラヒロフミ

4輪のスーパフォーミュラとの併催ってことで
路面コンディションがあまりよくなく、レコード更新こそならなかった予選ですが
「マシンはばっちり決まってきたかも」と中須賀。
春の第2戦でも走っているオートポリスですが
考えてみたら、あのレースから連勝街道が始まった、ってわけです。

画像: ノリにノッてる、自身満々、負ける気がしない、が本音かもしれません中須賀。

ノリにノッてる、自身満々、負ける気がしない、が本音かもしれません中須賀。

画像: ライダーも速いし、マシンも速い、手がつけらんないです^^

ライダーも速いし、マシンも速い、手がつけらんないです^^

「8耐で19年ぶりのヤマハ優勝、って大仕事ができて
いい波に乗ってオートポリスに入れている感じですね。
8耐ではポルとブラッドリと組んだことで、ちょっと気持ちが変わったというか
あのふたり、8耐で僕セットのバイクに文句ひとつ言わず乗っていたし
なにしろ楽しんでバイクに乗ってた。すごい楽しそうに走るんです。
あぁ、こういいう気持ち忘れてたなぁ、っていうか
オレもこうだったな、やっぱこうでなくちゃいかんな、って
新たな気持ちでやってます、がんばってます」という中須賀。
その絶好調男に挑むは、開幕戦を制したヨシムラ津田に
カワサキのホームコースで初優勝、ってドラマを狙っている渡辺。

画像: 開幕戦優勝の勢いが、ここでの転倒でブッツリ切れちゃった津田。復活のきっかけは?

開幕戦優勝の勢いが、ここでの転倒でブッツリ切れちゃった津田。復活のきっかけは?

「春のオートポリス、予選でオイルに乗って転んじゃって
そこから見事に悪い流れに入ってる、って感じで
前半戦、失敗だらけでした。今回も、走りだしはあまりよくなくて
それでも今日はセットアップも進んだし、タイムもいいかんじだし
前半戦のしくじりを生かせるかな、ってフィーリングになってきましたね」(津田)

画像: そろそろ勝てる、っていわれながらまだ初優勝はおあずけ。カワサキの地元でのVなる?

そろそろ勝てる、っていわれながらまだ初優勝はおあずけ。カワサキの地元でのVなる?

「これまでスピードはそこそこ出て、1発のタイムは出ているんですが
やっぱりレースとなると、そのまま勝てるほど甘くない。
速いバイクと強いバイクって、やっぱり違うんだな、って
春のオートポリスからも車体のセットをガラッと変えてみました。
中須賀さんが速くて強いんで、そういう人を倒してこそ価値があると思うので
カワサキの地元ってこともあるし、勝ちたいです」(渡辺)
あとは走りを見ていたら、NewR1を手にした野左根航汰と
ハルクプロの浦本修充が元気いいですね。
特に野左根は、春のオートポリスでは一時トップを走っていたし
浦本は8耐で走り込んで、明らかに速くなってます。
本命・中須賀、対抗・津田、穴に野左根、って予想を立てつつ
熊本の夜に消えていきたいと思います。

<あしたも天気になぁれ!マジたのみます! ナカムラ>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.