ネイキッドスポーツスタイルのニンジャ150SSは、スリムで軽量な車体が魅力。往年の2ストスポーツたちを彷彿させる、どことなく懐かしいいでたちのマシンだ。いよいよ生産終了が近づいてきた、最後の2ストとなる希少車に試乗してみよう!

画像: 近年のスポーツバイクと見比べると線が細く感じられるが、走りの実力は相当なもの。軽量な車体と2ストパワーの組み合わせは非常に痛快で、最新のスポーツモデルが忘れてしまったテイストを堪能することができる。

近年のスポーツバイクと見比べると線が細く感じられるが、走りの実力は相当なもの。軽量な車体と2ストパワーの組み合わせは非常に痛快で、最新のスポーツモデルが忘れてしまったテイストを堪能することができる。

随所に感じる旧きよき時代のテイスト!

 1990年代前半まで、速さを売りにする250cc以下のロードスポーツモデルは2ストローク車が主流だった。2ストエンジンは部品点数が少ないので軽量・コンパクトに作れるうえ、4ストエンジンよりも出力を稼ぎやすく、軽さとパワーが求められるスポーツモデルには最適だったのだ。特に1980年代はロードレースブームもあって、RZやTZR、NSR、RG-ガンマ、カワサキではKRやARといった2ストスポーツ車の全盛期だった。しかし1990年代に入ってレーサーレプリカブームが終焉を迎え、1998年には排出ガス・騒音規制の強化という逆風を受けた国産2スト車は続々と日本国内での販売を終了。だが、各種規制が緩かった東南アジア諸国ではその後も2スト車の生産が続いていた。
 このニンジャ150SSのベースになっているのはタイで生産されていたVICTOR(ビクター)。ニンジャ150RRと同じく生産がインドネシア工場に移管され、モデルチェンジと併せて車名を変更。かつてのレーサーレプリカを彷彿とさせるRRに対し、SSは1980年代のネイキッドスポーツ然としたまとまりを特徴とするが、このモデルもRRと同じく、2015年式が最後と言われている。

 クランクケースリードバルブ吸気の水冷単気筒エンジンは基本的にRRと同じだが、キャブレターはRRのミクニVM28に対して、このSSではケイヒンPWL26を採用。この1サイズダウンは、ストリートでの乗りやすさと燃費を優先したため。実際にRRとSSの2台を乗り比べてみても、7000回転以下ではSSのほうが力強い。12kgの車重差もあるだろうが、動き出しも追い越し加速も軽やかだ。
 パワーバンドはRRと同様に7500回転からで、高周波の排気音を響かせながら元気いっぱいに加速する。キャブレターの差で1万1000回転で頭打ちになるが、「この回転域を使ってくれ!」と叫ぶかのようにパワーを絞り出すフィーリングは同じ。2ストエンジンの醍醐味を存分に味わうことができる。

 意外だったのはハンドリングで、細めの前後タイヤを履いている割には落ち着きがあって、車重から想像するヒラヒラ感は希薄。路面状態の良くない国では、こうした安定指向の味付けも重要なのだろう。しかもタイヤが細いだけに、さほどバンクさせなくてもスッと向きが変わる。街乗りでの快適性、扱いやすさといった実用面を追求した車体パッケージだ。
 標準装着タイヤは耐摩耗性重視のためかグリップ不足で、車体剛性もRRほど高くないから、本格的なスポーツ走行には向かないが、グレードの高いタイヤに交換すれば峠道を駆け回る楽しさも堪能できるはずだ。
 タイの友人の話では、インドネシアやタイではチャンバーやビッグキャブといった多くのパーツが売られていて、これらを組めば優に40馬力をオーバーするという。最近のオートバイでは味わいにくい「チューニングの楽しさ」も備えているのだ。

画像: かつてのARシリーズを彷彿させるスタイリングは、前モデルに相当する、タイカワサキのヴィクターと同様のもの。インドネシア生産に変わって、ラジエター部分をスッポリ覆うシュラウドが追加された程度だ。

かつてのARシリーズを彷彿させるスタイリングは、前モデルに相当する、タイカワサキのヴィクターと同様のもの。インドネシア生産に変わって、ラジエター部分をスッポリ覆うシュラウドが追加された程度だ。

画像: キャブレターがフルカウルのRRより小径のPWL26となので、パワーは若干おとなしいが、それでも27.9PSを発揮。中央のボックスは2次エアシステム、HSASのチャンバー。

キャブレターがフルカウルのRRより小径のPWL26となので、パワーは若干おとなしいが、それでも27.9PSを発揮。中央のボックスは2次エアシステム、HSASのチャンバー。

画像: エンジン手前で一度とぐろを巻くような形状を採用するユニークなチャンバー。前モデルのヴィクターからはレイアウトが変更され、サイレンサーはメッキ仕上げとなる。

エンジン手前で一度とぐろを巻くような形状を採用するユニークなチャンバー。前モデルのヴィクターからはレイアウトが変更され、サイレンサーはメッキ仕上げとなる。

画像: スリムな車体に細いタイヤだが、そのルックスからは想像がつかないほど走りは元気イッパイ。思い切り回して楽しむライディングフィールは2ストならではのものだ。

スリムな車体に細いタイヤだが、そのルックスからは想像がつかないほど走りは元気イッパイ。思い切り回して楽しむライディングフィールは2ストならではのものだ。

画像: 近年のスポーツ車を見慣れた人には線が細く思えるかもしれないが、剛性は十分。サイドカバーのキーを開けると、中には分離給油の2ストオイルタンクが鎮座している。

近年のスポーツ車を見慣れた人には線が細く思えるかもしれないが、剛性は十分。サイドカバーのキーを開けると、中には分離給油の2ストオイルタンクが鎮座している。

画像: メッキボディを持つ丸目1眼のヘッドライトが作り出す表情は、どこか懐かしさを感じさせるもの。クラシカルなルックスだが、明るさは十分なものが確保されている。

メッキボディを持つ丸目1眼のヘッドライトが作り出す表情は、どこか懐かしさを感じさせるもの。クラシカルなルックスだが、明るさは十分なものが確保されている。

画像: テールランプはカウルの曲面に合わせたデザインで、前後ウインカーにはクリアレンズを採用。左サイドのハンドグリップ脇にはヘルメットホルダーが設置されている。

テールランプはカウルの曲面に合わせたデザインで、前後ウインカーにはクリアレンズを採用。左サイドのハンドグリップ脇にはヘルメットホルダーが設置されている。

画像: メーターはアナログの3眼式で、スピードメーターはフルスケール200km/h。ユニークなのはインジケーターの「T」で、これはトップギアに入ったことを知らせるためのもの。

メーターはアナログの3眼式で、スピードメーターはフルスケール200km/h。ユニークなのはインジケーターの「T」で、これはトップギアに入ったことを知らせるためのもの。

画像: 肉厚で快適なダブルシートはヴィクター時代から変更はない。タンデム用のグラブバーや、センタースタンドを出す際のハンドグリップまで備えており、装備は豪華。

肉厚で快適なダブルシートはヴィクター時代から変更はない。タンデム用のグラブバーや、センタースタンドを出す際のハンドグリップまで備えており、装備は豪華。

撮影:南孝幸、森浩輔

■カワサキ ニンジャ150SSの基本情報、スペック
寸法・重量
全長/全幅/全高mm 1955/710/1035
ホイールベースmm 1335
最低地上高mm 140
車両重量 kg 122
エンジン・性能
種類 空冷2スト単気筒
弁形式 クランクケースリードバルブ
内径×行程mm 59×54.4
総排気量cc 149
圧縮比 6.9
最高出力kW/rpm 20.5(27.9PS)/10500rpm
最大トルクN・m/rpm 20(2.04kg-m)/9500rpm
燃料供給方式 ケイヒンPWL26キャブレター
点火/始動方式 フルトランジスタ/キック
燃料タンク容量L 8.2
サスペンション
前 テレスコピック
後 スイングアーム
ブレーキ
前 ディスク
後 ディスク
タイヤ
前 2.75-17
後 3.0-18
価格
標準現金価格 45万3900円
問い合わせ先 MSLゼファー(03-3867-2194)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.