予報では崩れるかもしれない、と言われていた天気もなんとかもって
ドライコンディションで行なわれたオートポリス2&4。
2輪の開催はJSBクラスのみ、というゆるいスケジュールのなか
そのJSBクラス、勝ったのはヤマハファクトリーの中須賀克行!
第2戦のここ、オートポリスから負けなしの全日本4連勝!
8耐を計算に入れても5連勝、まさに向かうところ敵なし!です。

画像: 金曜の合同練習からすべてトップタイム! GPではスイープ、って呼ぶ圧勝です

金曜の合同練習からすべてトップタイム! GPではスイープ、って呼ぶ圧勝です

写真・文/ナカムラヒロフミ

レースは中須賀のスタートミス、渡辺のホールショットで始まりました。
渡辺に続くのは津田、高橋と、やはり予想通りのオーダーです。

画像: 1周目の1コーナー。中須賀、出遅れても慌てないね

1周目の1コーナー。中須賀、出遅れても慌てないね

「スタートでフロントを上げちゃって、せっかくのポールが台無し。
でもそこから割と吹っ切れて、まずは巧くんについて行こう、と」(中須賀)
やがてオーダーは高橋-中須賀-渡辺の順となり
後方に津田、柳川、野左根がつづきます。
ここから、いったんは渡辺が2番手に上がるんですが
そこで逃がしちゃまずい、と考えた中須賀は
「ムリヤリ」(本人・談)2台をパス。

画像: 序盤は高橋が逃げますが、もはや逃げ切る余力は…

序盤は高橋が逃げますが、もはや逃げ切る余力は…

そこからは、もう中須賀の必勝パターン。
渡辺、高橋も逃がしちゃまずい、と追いすがりますが
やはり絶好調男と最新マシンのコンビネーションは易々と逃げへ。
結果、中須賀が逃げ切って4連勝、中盤からペースを上げた津田が2着。
速さは見せたものの、やはり後半までペースがもたなかった渡辺が3着。
マシンのポテンシャルもさることながら、早くからセッティングも決めて
決勝で履くタイヤも早々と決めていた、という中須賀が
早くもチャンピオン確定に、力強く歩を進めたレースとなりました。

画像: 開幕戦こそ津田に敗れたものの、そこから怒涛の4連勝!

開幕戦こそ津田に敗れたものの、そこから怒涛の4連勝!

「スタートで出遅れても冷静に前を見ていられたし
落ち着いて、そうですね…完璧なレースでした。
あと2戦3レース、勝ち切って4年連続王者になりたいです」(中須賀)

画像: これで再浮上のきっかけがつかめた? 2勝目狙ってイカンと!

これで再浮上のきっかけがつかめた? 2勝目狙ってイカンと!

津田は前半戦の不調を吹っ切る久しぶりの表彰台で
「2位でこんなにうれしいの、久しぶり」とひとこと。
カワサキのホームレースで、またも敗れた渡辺は
言葉少なく、かなり悔しそうでした。
その悔しさ、岡山で爆発させたらいい!

画像: またも勝てませんでした。初優勝は岡山へ持ち越し!

またも勝てませんでした。初優勝は岡山へ持ち越し!

決勝暫定結果
優勝 中須賀克行 YZF-R1      ヤマハファクトリーレーシング
2位  津田拓也 GSX-R1000   ヨシムラスズキ      +3.697s
3位 渡辺一樹 ZX-10R チームグリーン      +4.863s
4位  高橋 巧 CBR1000RR ハルクプロホンダ +4.981s
5位 野左根航汰 YZF-R1 ヤマルーブレーシング +11.383s
6位  山口辰也 CBR1000RR TOHOレーシング     +13.842s
7位 柳川 明    ZX-10R      チームグリーン     +16.823s
8位  J・フック   CBR1000RR    TSRホンダ        +27.768s
9位 中冨伸一 YZF-R1      RC甲子園ヤマハ    +31.896s
10位 藤田拓哉   YZF-R1      ヤマルーブレーシング +35.428s

<さぁ今晩はミザノです、MotoGPです ナカムラ>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.