17歳の水野涼、15歳の真崎一輝によるJ-GP3チャンピオン争いは
この最終戦で勝った方が優勝、という最強決定戦!
予想通り、水野も真崎もスタートからレースを引っ張って
そこにアジアタレントカップでランキング3位を獲得した國峰啄磨が絡む
そんな接近戦が、12周にわたって繰り広げられました。
最終ラップ、シケインまでもつれた優勝争いは
水野が制して優勝。見事チャンピオンを獲得しました!

画像: 「レース前はぜんぜん緊張なく、それが良かったんだと思います」と水野。 真崎、國峰とも74daijiroで育ったライダーです。

「レース前はぜんぜん緊張なく、それが良かったんだと思います」と水野。
真崎、國峰とも74daijiroで育ったライダーです。

取材・文/ナカムラヒロフミ

こっちでは写真をね♪

画像: 左から15歳、17歳、17歳。いいクラスになってきました、J-GP3。

左から15歳、17歳、17歳。いいクラスになってきました、J-GP3。

画像: 速いだけじゃない、ちゃんと展開を読んでの優勝、の水野涼

速いだけじゃない、ちゃんと展開を読んでの優勝、の水野涼

画像: 15歳真崎、デビューイヤーチャンピオンはなりませんでした、残念!

15歳真崎、デビューイヤーチャンピオンはなりませんでした、残念!

画像: <全日本ロードレース>17歳、15歳を下してチャンピオン!

アジアタレントカップは2勝、全日本では未勝利に終わりました、國峰です。

<さぁJ-GP2はじまります ナカムラ>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.