今回取り上げるのは、小学館サンデーGXコミックスから先月出た、
えのあきら「ジャジャ」13巻。
えー、上の画像ではその13巻が2冊並んでおりますが、
それはどうしてかというと…
こないだ編集部に行ったら福助が近寄ってきて、
「小学館から編集部に送られてきてたんですけど、知ってます?」
と、渡されたんですよ。知ってるも何も…
ジャジャは1巻からずっと読んでるんですけど…
当然、もうとっくに13巻を買ってた。
で、ココで取り上げるかな、どうしようかな、
と思ってた所だったんですって。

画像1: 【BOOK】最新13巻発売中! えのあきら「ジャジャ」はバイク愛の固まり!

画像2: 【BOOK】最新13巻発売中! えのあきら「ジャジャ」はバイク愛の固まり!

ホラ、ちゃんと1〜12巻持ってるでしょ。
こないだ出た傑作選や、以前GX本誌で全プレをやった、
ミニジャジャ総集編まで持ってますよ。

画像3: 【BOOK】最新13巻発売中! えのあきら「ジャジャ」はバイク愛の固まり!

表紙になってたから、普段買ってないサンデーGX11月号まで買っちゃった。
だから何だ? って? それだけ面白い漫画だってことです。
どんな話かっていえば、イタリア旧車メインの
バイクショップ「ゴブリン」のオーナーのレナと、
バイク便ライダーのミヤギによる、周囲をやきもきさせるラブコメ…? を軸に、
ゴブリンに関わるさまざまなライダーたちとの日常や、
ドゥカティ、MVアグスタ、ジレラは当たり前、
モルビデリ、デム、ルーミなんて超マニアックなイタ車を中心とした
旧車にまつわるエピソードを巧みにバランスさせた話…だよなぁ。
どんなんやねん? と言われても、ホントにそうだから仕方ない。
だからって、バイクや旧車に詳しくない人でも、
ちゃんと楽しんで読めるストーリーとして成立してるのが凄い。
単行本には、えのさん自身による登場バイク解説もあるしね。
あとね、えのさんの描くバイクと人のバランスがいい。
バイクそれぞれの個性的なディテールをきっちり描きつつ、
適度にディフォルメされたバイクの絵が上手いだけじゃなくて、
それを操るライダーとのサイズのバランス、
車体の挙動の表現やライディングフォームも実に自然。
そのあたりが変なバイク漫画は何か萎えるんだよね…
これは単にえのさんの絵が上手い(ホンダでデザイナーしてたってんだから)
というだけじゃなく、バイクが本当に好きで、
走るのもいじるのも好き、ということの現れなんだろうなぁ。
で、最新13巻は、11巻あたりから続いてきた
「サンエイモータース」倒産、レアなバイクのコレクターだった
社長が失踪した事件が、ミヤギたちの周囲にも余波を…
という話が中心なんだけど、解決編は14巻ということみたい。
そんな中でも、超マニアック旧車話がガンガン織り込まれてるのがさすが。
ラブコメ成分がやや不足してたのが、少し物足りなかったかも…

ジャジャ 13 (サンデーGXコミックス)
えの あきら
小学館 (2010-10-19)
売り上げランキング: 70,465
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.