HONDAさんのブースにやってきましたよ。

画像1: <理子の東京モーターショー2013見聞録>「枠にはまるな。」のHONDAです(ホンダ編 その1)

お目当ては、もちろんこちら!
スタイリングのモチーフはたくましい猛牛。
ヘッドライトが頭、左右のシュラウドが盛り上がった筋肉を
表現してるんだって。
さぁ~て、どんなバイクでしょう?

画像2: <理子の東京モーターショー2013見聞録>「枠にはまるな。」のHONDAです(ホンダ編 その1)

そうです!ゴールドウィング F6C
やっぱ、かなり迫力あるね~。
でも、大きなカウルがついてないから、
敬遠しがちな、女の子たちもとっつきやすい。
これなら運転してみたくなるね。(車重は400kg近くあるけど)
思わない?

画像3: <理子の東京モーターショー2013見聞録>「枠にはまるな。」のHONDAです(ホンダ編 その1)

大きいけど、乗れちゃいそうな雰囲気もあるでしょ?
ヘッドライトはLED.
で、「F6C」の車名の理由。
あたしみたいな方のために、
F フラット
6 六気筒
C カスタム
だそうです。

画像4: <理子の東京モーターショー2013見聞録>「枠にはまるな。」のHONDAです(ホンダ編 その1)

画像5: <理子の東京モーターショー2013見聞録>「枠にはまるな。」のHONDAです(ホンダ編 その1)

なんか、すごいなぁ~
・エンジン 水冷4サイクルOHC2バルブ6気筒
・排気量 1832cc
・車両重量 385キロ
発売予想時期は2014年春頃で
予想価格は200~240万円くらいだそうな…。

でもって、次の1台。
CB1100EX。
人気のCB1100をベースに
開発されたバリエーションモデルなんだって。

画像6: <理子の東京モーターショー2013見聞録>「枠にはまるな。」のHONDAです(ホンダ編 その1)

なんか、安心して見られるバイクだよね。
こちらのブラックはカスタムバージョンみたい。
渋いね。
続いてVFR800F。

画像7: <理子の東京モーターショー2013見聞録>「枠にはまるな。」のHONDAです(ホンダ編 その1)

もう、たまんないスポーツツアラーだよね。
スタイルといい、存在感といい。
今や、スポーツツアラーの定番。
ドキドキするね。

画像8: <理子の東京モーターショー2013見聞録>「枠にはまるな。」のHONDAです(ホンダ編 その1)

走りも燃費や環境性能も向上してんだって。
発売が楽しみの人も多いんじゃない?

画像9: <理子の東京モーターショー2013見聞録>「枠にはまるな。」のHONDAです(ホンダ編 その1)

画像10: <理子の東京モーターショー2013見聞録>「枠にはまるな。」のHONDAです(ホンダ編 その1)

最後は新しいインテグラ。750ccになったそうです。
と、大きいバイクもいいけど、小さいバイクもいいのがHONDAさん。
可愛くて魅力的なコたちも
たくさん見てきたので、次回は紹介しま~す。
可愛いお姉さんもね。
(福山理子)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.