バリから帰ってきましたが、
まだ大事な東京モーターショーのブース紹介が
2つ残ってます。
もう結構時間が経過しちゃいましたが
お付き合いの方、よろしくどーぞ。
KTMさんのブースに行きますと。
見覚えのある背中が・・・・

画像1: <理子の東京モーターショー2013見聞録> どうやって遊ぼうかな♪(KTM編)

あ、あれは!
「アオキさん、こんにちわ。」
オートバイ本誌で「カスタム虎の穴」を連載しているアオキさんは、
ちょっと前にKTMさんのオーナーさんになったのですね。
うんうん。

KTMのブースは、いい意味で
相変わらずかっこいい黒とオレンジでできてるね。

画像2: <理子の東京モーターショー2013見聞録> どうやって遊ぼうかな♪(KTM編)

画像3: <理子の東京モーターショー2013見聞録> どうやって遊ぼうかな♪(KTM編)

こちらは「1290 スーパーデュークR」。新世代のネイキッドですねぇ。
あたし、大きいデュークはまだ乗ったことないので
とっても興味あるなぁ。

画像4: <理子の東京モーターショー2013見聞録> どうやって遊ぼうかな♪(KTM編)

画像5: <理子の東京モーターショー2013見聞録> どうやって遊ぼうかな♪(KTM編)

画像6: <理子の東京モーターショー2013見聞録> どうやって遊ぼうかな♪(KTM編)

こちらはRC125。
スリムでコンパクトなんだけど
125ccとは思えない存在感。
125デュークと同じ、信頼性の高いDOHCのシングルを
チューニングしているんだって。どういうことだろうね。
あと、デュークシリーズより、サスペンションのセッティング可能範囲が
広がったんだって。
このガンメタが高級感あってデザインは都会的で、かっこいいよね。

画像7: <理子の東京モーターショー2013見聞録> どうやって遊ぼうかな♪(KTM編)

そして「1190 RC8」 
アグレッシブな見た目とは違って、扱いやすいそうです。
「いつもより深いツーリングアングル、
コーナリング中に感じる自由度の高さ。
ライバルより早く開けられるスロットル」ですって。
どうよ。
 
マスクもとても印象的。

画像8: <理子の東京モーターショー2013見聞録> どうやって遊ぼうかな♪(KTM編)

画像9: <理子の東京モーターショー2013見聞録> どうやって遊ぼうかな♪(KTM編)

画像10: <理子の東京モーターショー2013見聞録> どうやって遊ぼうかな♪(KTM編)

こちらの車は
KTM X-BOW GT
あたし、車は全然わかならいんだけど
かっこいいスポーツカーだから撮りました。
スポーツカーは好きなんだよね。
ちょっと、バイクに似た感じで楽しめちゃいそうだよね。
KTMさん
これからも、KTMらしくで
あたしたちを、目からも楽しませて欲しいよね。
どうやって遊ぼうかな♪
と楽しませてくれるバイクが多いよね。
(福山理子)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.