ハーレー・ダビッドソンのブースに来ました。
やっぱりハーレーは、革ジャンな女性が似合いますね。
うん、かっこいい。

画像: あたし自身はアメリカンモデルのオーナーになったことはなく 他のジャンル以上に詳しくない領域なんです。

あたし自身はアメリカンモデルのオーナーになったことはなく
他のジャンル以上に詳しくない領域なんです。

でも、キャットスーツを着ると、
自動的に跨ってしまいますが。

画像1: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その8ハーレーブース)

やっぱ、ハーレーはみんな大好きな
『峰不二子』ちゃんのイメージがあるんだろうね。

画像2: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その8ハーレーブース)

展示されていたカスタムモデルもイイ感じでした。

画像3: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その8ハーレーブース)

画像4: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その8ハーレーブース)

こちらは目玉でした。
4月5日に発売されたニューモデル
スポーツスターファミリーのSUPERLOW 1200Tが東京モーターショーで公開。
 
シートポジションを下げて、さらに乗りやすくなったみたい。
価格は156万3000円からとのこと。
 
で、ハーレーで、あたしが個人的に好きなバイクは
こちら。

画像5: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その8ハーレーブース)

以前、お仕事で乗らせて頂いたんだけど
その乗りやすさったら、なかったねぇ〜。
けして、派手な男っぽさではなく
控えめでいてレーシー。
でも、存在感はあって…
ハーレーって奥深いんだな。
なんて、あまりハーレー経験ないのに感じた1台です。

画像6: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その8ハーレーブース)

そんなハーレーさんからのお届けでした。
 
(福山理子)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.