こちらのブログではお久しぶりです。
オートバイ女子部のハルコです。
さて、先日オートバイのfacebook連動企画として、
突如始まった、私の「目指せ、トリシティ」企画。
話題のNEW3輪モビリティ、ヤマハ・トリシティに乗って、
とにかく西に向かいます。
と、予告だけしたのですが、
その真相は、トリシティで東京都新橋〜鳥取県鳥取市を往復する、というものでした。
なぜ鳥取市なのかと言えば、「トリシティ=トットリシティ」だから。
この、泣くほどくだらないダジャレこそが、目的地の決め手でございました。
おバカですみません。

画像1: トリシティで鳥取市まで行って来ました!(齋藤ハルコ)

出発日の10月1日午前5時。
モーターマガジン社を出発する時の写真。
心なしか、見送ってくれた岡本編集長の顔が呆れています。
私の仕事スケジュールの都合により、期限は2泊3日。
もちろん高速道路など有料道路は一切使えません。
丸々3日間、約1500kmを走りに走った旅の模様は、
facebook上で、リアルタイムにご報告しておりました。
今からでも見れますので、まだお読みになってない方は、
ぜひ見てくださいねー!
旅の道中は、本当にたくさんの皆さまに読んで頂けて、励まして頂きました。
改めて、お礼を申し上げます。
皆さまが読んでくださったおかげで、楽しく、無事に走りきることが出来ました。
心より、ありがとうございました!!

画像2: トリシティで鳥取市まで行って来ました!(齋藤ハルコ)

この写真を撮るためだけに、2泊3日を激走しました(笑)。
初日の箱根までは、カメラマンとして小松信夫さんが同行してくれましたが、
その後はガチで、完全一人旅。
では、ひたすら走りながらの中継では書ききれなかった、
トリシティのインプレなどをお送りします。
この3日間、約1500kmをひたすら走りまくったわけですが、
トリシティは非常〜〜〜に頑張ってくれました!
(ちなみに大まかな走行時間は、1日目と2日目が18時間近く、
夕方までに東京に戻らなくてはいけなかった3日目は、8時間半ぐらいでした。
つまり、起きてる間は、ほぼずっと走ってた(笑)。
もちろん、間に休憩したりご飯食べたりしてますが)
まず、低速時の直進安定性が高いので、渋滞が苦にならない&怖くない!
フロントが2輪で、足元の幅が広いのでは? というイメージがありますが、
実際にはハンドル幅の方が全然広いから、普通の2輪車感覚で走れます。
狭いところを走るのは、むしろ2輪より得意なんじゃいかと思うくらいです。
そして、何度もfacebookでも書きましたが、とにかくコーナリングが楽しい!
バイクを倒し込む感覚が、2輪よりもダイナミックに感じられる気がします。
ちょっと自分が上手くなったような気がするんですね(笑)。
パワーも一般道を走るには、想像以上に頼もしかった。
箱根の山だったり、バイパスなどの速度域が高い道でも、
充分に周囲のクルマの流れに乗って走ることができます。

画像3: トリシティで鳥取市まで行って来ました!(齋藤ハルコ)

サイズ的にも、小さすぎず大きすぎずでちょうど良いです。
ハンドルへの距離も、身長168cmの私にはピッタリでした。
そして超優秀だったのがシート!! 座り心地の良さはもちろん、
肉厚で、しかも面積が広いので、座り方をいろいろ調整できるし、
体重をお尻+太ももで支えられるから、お尻が痛くなりにくいのです。
毎日500kmとか600kmとかを走ったのに、
「お尻が痛くてガマンできん!」状態に、
一度もならなかったのは凄いことだと思います。
ユーティリティ面では、
やはりシートボックスに荷物が入るのは長旅では有り難かったです。
フロントに小物入れ等のボックスがあったら、より使い勝手が良くなるのにな。
あと、個人的にはウィンカーの感触がスゴク好きでした。
そして、気になる燃費の計測結果は以下の通り。

画像4: トリシティで鳥取市まで行って来ました!(齋藤ハルコ)

■総走行距離1546.0km
■総給油量 36.76L(給油6回)
■平均燃費 42.06km/L
ただし、道に迷って何度もストップ&ゴーを繰り返し、
峠道をアクセル全開で走った一区間だけ燃費が30km台になったので、
そこを抜かせば平均燃費は44km/Lくらいになると思います。
それから、最初に「予算は2万円」と告知しておきながら、
ちゃんとご報告できていなかった、旅の経費内訳はコチラ。

画像5: トリシティで鳥取市まで行って来ました!(齋藤ハルコ)

■1日目
食費 1856円
ガソリン代 1939円
ぞうきん代(車輌清掃用) 204円
宿泊費 7600円
■2日目
食費 1700円
ガソリン代 2999円
スマホバッテリー代 1451円
宿泊代 5800円
■3日目
食費 831円
ガソリン代 1000円
合計 2万5380円
えー…、思いきりオーバーしていてごめんなさい!
というのも、最初は
「夜はネットカフェにでも泊まろう」と、軽く考えていたのです。
でも、さすがに1日走行距離500km越えの疲労感は、ハンパなかった…。
「このまま疲れを取らずに走り続けたら、危ない!」と本能が叫んだため(笑)、
急遽ホテル宿泊に変更したために、予算オーバーになってしまいました。
とは言え、鳥取までの往復ツーリングが、
この値段で楽しめるのは、125ccならでは。
125ccの旅は、コストパフォーマンスが高いと、自信を持って断言できます!

画像: 2日目に到着した、鳥取砂丘より

2日目に到着した、鳥取砂丘より
 

125ccの旅は、正直、時間はかかるし、
高速道路などの有料道路や、一部のバイパスなど、走れない道も多いです。
でも「だからこそ楽しい」という見方もできると思います。
だって私は、今回の旅が本当に楽しかったのです!
途中で雨に降られて泣きそうになったり、
道に迷って泣きそうになったり、
走っても走っても制限時間ギリギリで泣きそうになったり(笑)、
大変なことは山ほどあったけど、走ってる間、すごく楽しかったです。
これは本当に本音の感想です。
だいたい旅って、大変だったり、苦労した時のことほど、
強烈に覚えてるものですしね(笑)。
皆さまも、お時間がありましたら125ccでのロングツーリング、
ぜひとも挑戦してみてくださいませ!
できれば第2弾もやってみたいなぁ…なんて思うハルコでした。
(写真:小松信夫、齋藤ハルコ 文:齋藤ハルコ)
※ちなみに、今回の旅で、皆さんからの反響が一番大きかったのは
2日目の夜、雨が降ってきたときにアップした記事です(↓)
「目がやばい」というニュアンスのコメントも多数頂きました(編集部)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.