まだまだ続きます今年のミラノショー・レポート。
 
というわけで、スクランブラーも新鮮でしたが、
あたしは、こちらの赤いバイクの方が、
ドキドキしますが落ち着きます。

画像1: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

こちら、ムルティストラーダ1200。やばいわ、これ。
来年はこれでしょ~みたいにカッコよかったよ。
 
でも、ムルティーって聞くだけで、「背が高くて、足つきが......」って
思っちゃわない?
でも、新型ムルティストラーダは、足着き性向上、
そして、シート高調整機構も付いてるんだってよ!

画像2: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

画像3: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

どこから見てもカッコいいね。
あたしには分からないけど、
電子制御もかなり充実しているとか。
 
そして、1299パニガーレ。

画像4: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

画像5: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

画像6: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

ボアを4mm拡大で排気量が1198ccから1285ccになったそうです。
 
そしてパニーガーレR。こちらの排気量は1198ccのままだそうな。

画像7: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

画像8: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

画像9: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

白をみると、白もい~よね~。
 
 
そしてそして!

画像10: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

ディアベル・チタニウム。
世界限定500台!えらい、かっこよかったです。

画像11: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

画像12: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

チタン、カーボンファイバーをフル活用で
車重が標準よりも5kgも軽いんだって。

画像13: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

他にも個性的な展示がありました。
でも、なんだかとっても綺麗。

画像14: <理子のミラノショー散歩>ムルティストラーダとか、ディアベル・チタニウムとか!

やっぱり、心が燃え盛っちゃうブースなんだよね。
 
(福山 理子)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.