皆様、新年おめでとうございます。
年末年始はいかがお過ごしでしたか?
私は好天続きで、しかも都内がガラガラなので
年末年始はBMWの電動スクーター、
C evolution をお借りして都内を徘徊しておりました。
まだ市販前のモデルですが、ちょっと乗ってみて
どんな感じだったかをレポートしてみたいと思います。

画像1: BMWの電動スクーター「C evolution」に乗ってみました!

全長2190mm、シート高780mm、車重265kg
という車格は存在感十分。さすがに押し引きは
ラクではありませんが、最高出力はTMAXなみの
35KW(48HP)。相当速いです。
スロットル開度や回生レベルの違うモードが
「エコプロ」「ロード」「セイル」「ダイナミック」
と4つあるのですが、「ダイナミック」を選ぶと
目が追いつかないほどの強烈ダッシュを誇ります。

画像: これはエコプロモード時。右にあるのが電池残量と航続可能距離。 スペックでは満充電で100km走行可能とのことでしたが、 満充電時の航続可能距離表示は85kmになっていました。

これはエコプロモード時。右にあるのが電池残量と航続可能距離。
スペックでは満充電で100km走行可能とのことでしたが、
満充電時の航続可能距離表示は85kmになっていました。

速さは正直言って十二分。100km/hまでの加速力は
大型スクーターのどの機種よりも速いんじゃないか、
という印象です。電動ですが、加減速でギクシャク
するようなこともなく、操作感もいたって自然。
タンデムシート下の収納スペースも大きく満足。
気になるのは、やはり燃費ならぬ「電費」でしょうか。

画像2: BMWの電動スクーター「C evolution」に乗ってみました!

当然といえば当然なんですが、速いのをいいことに
ガンガン開けてしまえば電池の減りも早いです。
航続距離は実質100kmを切りそうなので、お出かけの
際には充電スポットの確認はしておきたい感じです。
特に、このC evolutionは普通充電器タイプなので
充電スポットを探す際は、普通充電器であるかどうかを
確認しておくことが大事です。

画像: こんな感じで、ソケットを差し込み、施設のコントローラーを操作して 充電を開始します。普通充電は時間がかかるので、買い物や食事の タイミングにうまく合わせた充電をするといいですね。

こんな感じで、ソケットを差し込み、施設のコントローラーを操作して
充電を開始します。普通充電は時間がかかるので、買い物や食事の
タイミングにうまく合わせた充電をするといいですね。

画像3: BMWの電動スクーター「C evolution」に乗ってみました!

朝から晩まで乗り回させていただきましたが、
充電スポットの確保と充電のタイミングさえ
上手に合わせられたら何の不安もないと思います。
BMWではこのC evolutionを、CO2削減を目指す
近未来の都市部の移動手段として、2017年ごろの
市販を目指しているそうですが、
現状ですでに相当完成度が高いので、
市販バージョンにもかなり期待できそうですね。
詳細なインプレッションは、本誌3月号でも
お届けするので、そちらもお楽しみに!
では、本年もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.