半世紀近くに渡って、その人気を維持している
超・超ロングセラーモデルの「モンキー」に、
アドベンチャーテイストの新色が登場します。
新作デザインの立体バッジや、カモフラ模様のシートなど
いつもとは、ちょっと違う仕上がり。
また、現行モデルのくまモンバージョンと、イエローは継続販売されます。

画像: HONDA MONKEY ハーベストベージュ(新色) ■価格:33万6960円

HONDA MONKEY ハーベストベージュ(新色) 
■価格:33万6960円

画像: HONDA MONKEY プラズマイエロー ■価格:29万8080円

HONDA MONKEY プラズマイエロー 
■価格:29万8080円

画像: HONDA MONKEY グラファイトブラック(モンキー・くまモンバージョン) ■価格:33万6960円

HONDA MONKEY グラファイトブラック(モンキー・くまモンバージョン)
■価格:33万6960円

原付レジャーモデル「モンキー」に新色を追加し発売
 Hondaは、50ccの人気レジャーバイクモデル「モンキー」に、アドベンチャーをコンセプトに専用装備を施した、新色のハーベストベージュを追加設定して2月12日(金)に発売します。
 Hondaは1967年に初代モデルとして公道走行可能な「モンキーZ50M」を発売しました。小柄で愛らしい車体や粘り強く扱いやすい4ストロークエンジンの搭載などにより、幅広い層のユーザーに好評を得ているロングセラーモデルです。
 今回追加する新色はコンパクトで愛らしい伝統のスタイルにアドベンチャーのイメージを表現するため、落ち着いたハーベストベージュを主体色に、オレンジ色を各部へ効果的に配することでモンキーの個性を際立たせています。タンクにはヘルメットとゴーグルをつけた愛らしい「猿」をモチーフにした専用デザインのタンクバッジを採用するなど、所有欲を満たすモデルとしています。
=その他の専用仕様=
・オリジナルデザインの「猿」がモチーフの立体バッジを施したメインキー
・ワイルドなイメージを強調するカモフラージュ模様と、
 オレンジ色のパイピングを施したシート
・力強さを演出するオレンジ色の結晶塗装を施したシリンダーヘッドカバー
・精悍さを強調するブラックのクランクケースカバー
・よりオリジナル感を強める専用デザインのステッカーを貼付したサイドカバー
・高級感を際立たせるメッキを施したエキゾーストパイプカバー
・足回りにアクセントをもたらす専用のオレンジ塗装を施したリアショックダンパー
・リア周りを引き締めるブラックのリアキャリア
※プラズマイエローとグラファイトブラック(モンキー・くまモンバージョン)のカラーは
継続販売します。

■問い合わせ先
お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.