現在、スペインで約1週間にわたり開催される
「KTM 1290 SUPER DUKE GT」国際試乗会。
その第1グループに参加し、最初に試乗を終えた
本誌メインテストライダーの宮崎敬一郎さんからコメントが到着しました。
現地は途中から大雨になってしまったみたいですが…。

画像1: 「KTM 1290 SUPER DUKE GT」国際試乗会、続報です!

「1290スーパーDUKE GT」は、フレームもエンジンも
「スーパーDUKE R」がベース。
22リットル入りの大型タンクやコーナリングライトと
一体型のウィンカーを収めたコンビネーションランプ付き
シュラウドカバーなど、外装が大きく変わっている。
フレームはそれに付随した外装用ステー、
その取り付け部などが異なっているが基本的にほぼ同一。
足回りはスーパーアドベンチャーで好評の
WP製セミアクティブサスが前後に付く。
もちろんその制御系などは更新されているし、
機械的な構造も大きく進歩したものを採用。
その他、トラコンやABS、エンブレコントロールなどといった
ライディングアシスト機構は非常に充実している。
さて、もっと細かい部分は4月1日発売の
オートバイ本誌の試乗ページを見てもらうとして、
ココではザックリとた感想を……

画像2: 「KTM 1290 SUPER DUKE GT」国際試乗会、続報です!

まず、ルックスはツーリングスポーツにしてはかなり精悍で、
のんびりとゆったり走るバイクなのか、スポーツモデルなのか…。
どうやら、かなり戦闘的で、イメージでいうとS1000XRなどと睨み合うような
スポーツ指向の強いツアラーだ。
イメージビデオもツーリングしてるかと思えば、パニアケースを外して、
「スーパーDUKE R」とかけっこを始めてしまうような紹介だった。

画像3: 「KTM 1290 SUPER DUKE GT」国際試乗会、続報です!

で、実際に走ってみると、170馬力以上もあるパワーだ。やたらと速い。
エンジン特性も遣いやすいし、ハンドリングも思いのほか素直。
このバランスを実現する立役者は優れたサスだ。
この威力で、アドベンチャーの快適さと
「スーパーDUKE R」のスポーツ・ポテンシャルをうまくミックスさせている。

GT……古くからあるグランツーリスモというコトバだが、
これをスポーツメーカーのKTMが造るとこうなる、といったことなのだろう。
ホットで快適。他に無いキャラクターが魅力のツーリングバイクだった。

それでは、ライディングポジションなどについては、また続報で。

画像4: 「KTM 1290 SUPER DUKE GT」国際試乗会、続報です!

画像: KTM 1290 SUPER DUKE GT(現在試乗中)

KTM 1290 SUPER DUKE GT(現在試乗中)

画像: KTM 1290 SUPER DUKE R

KTM 1290 SUPER DUKE R

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.